上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメレス
>ひろん&無頼人
ま、ようやく自分を信じることができます


昨日の話ですが。
いろいろとカタをつけてきました。
ずっと逃げ回っていましたが、正直に人と向き合うことができました。
色んなしがらみから開放されて、鎖から解き放たれて。
これからようやく、正直に色んな人と向き合っていけるのだと思います。
大学入ってからこっち、ずっと気に病んでいたことだったので。


まあ詳しい話はまたいつか。
少なくとも、意外と見られていることが判明したこのブログで、明かすべきことではないだろうから。


良い形で2008年を終えることができました。
年末三ヶ月にいろいろと集中してたけど、少なくともある程度、よい方向に向かいつつあるのだと思う。
新しい年を迎える直前に、多分新しい自分に生まれ変われることができて。
来年は良い年になるといいな……

とにかく、今年一年いろいろお世話になりました。


若干飲みすぎたので酔っていますが、その勢いで言わせてもらいます。
僕の好きな人たちはもちろんのこと。
もしかしたらこれから好きになるかもしれない、未知の人たち。
あるいは過去、道を違えた人たち。
その人たち全てにとって、来年が良い年でありますように。
スポンサーサイト
12.31 (Wed) 23:30 [ 身辺話 ] CM1. TB0. TOP▲
忙しかったりなんだりで、結局ブログ更新滞ってた



久々に真面目な話。

最近、色々とぐちゃぐちゃしてます。
主に頭の中が。


とある人と連日メールしてました。
1回生の時からずっと同じ部活だったのに、最近になって(つまり知り合って3年半くらい経って)ようやくマトモに話せるようになった人です。
こっちは特に接点も何も無かったから、何となく距離を置いていて。
多分あっちは、僕に対して相当な距離感を抱いていて。
だからこそ、僕とその人の間には、形容しがたいほどの溝があったのでしょう。


でもつい最近、とあることがキッカケで、その人と普通に話せるようになりました。
本当に些細なことですが、結果として僕とその人の間にある溝は、幾分か小さく、浅いものになったのだと思います。
僕にとって見れば、とても幸運なことでありました。


でも、きっとその人はその事態を別に喜ばしく思っているわけではなかったのかもしれません。
少なくともその人は、僕と接すること、あるいは僕がその人に接する態度に関しては、良い感情を抱いていないのでしょう。


改めて、距離感というものの大事さを感じました。
そして、自分の中にある距離感というものの踏み出し方について、後悔もしました。


自分で思うに、僕は相当人見知りで。
でも、一旦仲が良くなれば、距離感とか考えずにズケズケと相手の領域に踏み込んでいって。
もちろんそういうのに対して何も思わない人もいるんだろうけど、皆が皆、そういう感覚ではなくて。
きっと他人から見れば、僕は相当礼儀の無い人間に見えて。
僕の発言は、相当思慮が浅いものに見えて。


自分が言った何気ない一言は、時に相手を深く傷つける。
そんな当たり前のことすら、分かっていなかったのだと思います。



連日メールしていた人は、ブログを書いています。
メールだけやり取りしていたなら、そんなことに気づかなかったでしょう。
でも、ブログの記事の内容から色々とその人が苦しんでいるみたいで。
そして、僕自身に原因があると思い当たる節が多すぎて。



正直に言います。
僕はきっとその人の事が好きなんだと思います。
恋愛感情かどうかは置いておいて、少なくともその人に対して、友人程度かそれ以上の感情は持ち合わせているのだと思います。


普段は恥ずかしくていえませんが。
本当は、僕の好きな人全てが幸せであることを願っています。
それは恋愛感情を抱く対象に限らず、些細なことで知り合った友人や、古くからの親友、遠い親戚、そして家族にまで及びます。
もしもなんでも願いが叶うのだとしたら、僕の好きな全ての人に幸福が降り注ぐことを望みます。
格好付けだとか、そういう風に見られるかもしれませんが、別にそういうわけではなく。
僕は皆に幸せが降り注げばいい、と本気で思っているのです。



だからこそ、感じることは。
「悔」の一言です。
僕の無神経さ、あるいは無遠慮さがゆえに、僕は一人の人を追い詰めてしまいました。
苦しめてしまいました。
自分勝手な行動で、一人の人を蹂躙してしまったのです。


僕に一体何ができるでしょうか。
罰を求めても、そしてもしもそれが与えられても。
それはただの自己満足に過ぎない気がします。
きっと、僕が出来る償いというのは、罰を受けることではなく。
その人の事を癒してあげることなのかもしれません。




そしてきっと僕ができる、その人に対する「癒し」とは。
その人と関わらない、という一点なのでしょう。


つくづく、僕の人付き合いの下手さを感じました。
僕が無意識に放つ言葉は、人を傷つけることしかできないのかもしれない、本気でそう思います。
たとえその場にいる人を傷つけていないとしても。
どこか遠いところで、僕の言葉は自分が好きな誰かを傷つけているのでしょう。



好意を寄せていても、その人を傷つけることしか出来ない。
しかし僕は、好きな人が幸福になることを願う。
その二つの事象からかんがみるに。
僕はきっと、好きな人に接しないで、溝をある程度開いたまま付き合っていくのが正しい姿なのかもしれません。
11.06 (Thu) 03:13 [ 身辺話 ] CM2. TB0. TOP▲
どうでもいいことだが、ブログペットを少しかまってやったらやたらとMTGな単語ばっか話してたww

前書いた日記を数人に教えて、「なんでフった!?」というツッコミをそのうちの一人から聞いたので。
続きをwebで


まあsnegな女性でしたが、いまだに唐突に家に凸してくるあたり、なんなんだろう
後日「あー恥ずかしい!あのセリフ忘れて!」と言われたことに萌えた。


女の人ってフラれたら気持ちってどう動くもんなのかと少し疑問に思う今日この頃


とにかく、何故フったのかについて。

ちょっと前置き。
<---前置きこっから--->
もはやかなり昔のことなんでどこで見たかは忘れたけど。
人間ってのは他の動物と違って、恋愛感情を、ただの種の保存だけではない部分からも影響を受けるものらしい。
理性があるていど備わっているから当然と言えば当然なのですかね。
で、人間の面白いところは、種の保存とか関係なしに、「単位時間あたりにもっとも接した頻度が高い異性」に惹かれるらしい。
専門的なことは俺はよく知らないけど、「そこにいるのが当たり前」という感情を「恋愛感情」と受け止めるのですかね。
で、その単位時間は人によってマチマチらしい。


そんで思うのは、つまりそれって、本当に相手に惹かれてるかどうかは分んないんじゃね?ってこと。
それでいいという人もいるかもしれないけど、それを理由に好かれるってのは……正直、微妙。
つまりそれは、もしかしたら勘違いかもしれないわけで。
本当にその人が俺を求めているかどうかは疑わしいわけで。


思うに。
「単位時間あたりの接する頻度が高かったから」だけで恋愛感情を持たれると、「じゃあその頻度が低くなったらどうなんだ?」という。
いろんな事情から、会える頻度が低くなったら、好きだという感情すら一時の気の迷いだったと、思うんじゃないかなーという気がして。


とある親友の言葉で心に残っているのが
「一時のテンションに流されて行動しても、後悔しかしない」
という一言。
つよきすでそんなセリフがあったような気が……
実際過去、一時のテンションに流されて痛い目をみた経験があるから、俺自身はこの言葉は真理だと思える。


二つのことを併せて考えると。
『「単位時間~」が原因で抱いた恋愛感情は、一時の気の迷いかもしれない』
そして
『一時の気の迷いに身を任せたら、後悔する』
ということなんだよね。
つまり
「単位時間あたりの会う頻度が高いからといって、それに従ってしまっては後悔することになる」
ということで。
三段論法なのかもしれないけど、これが俺の考え。

<---前置きここまで--->

で、そんなことを考えている俺ですから。
俺に告白した女の子って、単に俺と接する機会が多かっただけじゃね?という考えしか思い浮かばなかった。
もちろん俺自身がフラれた直後であったってこともあったけど。
いつも俺が思っている通りに当てはめると、女の子も俺も後悔するよなーという。
だから、フったという結末です。
なんだか軽く鬱。









そういえば。
mixiを見てる人は多少知ってるかもしれませんが、とある有名な出版社が主催した賞に小説を応募しました。
それが結構いいところまで行きました。
受賞はできなかったけどね。

で、先日信じられない出来事が。
どうやらその賞の選考委員だった一人の編集者からメールが。
俺と直接話をしてみたい、というもの。
ちょwwwwww ktkr wwwwwww
というわけで、大阪にその方が来る機会があったので、先日お話してきました。
うん、本当に、俺、小説くさい出来事ばっかおこる。
つかネタじゃね?と自分でも思う


結局二時間くらい色々話したんで、全部は書かないけど。
何か作品ができたら、是非読ませてほしい、ということを言われた。


というわけで、現在執筆中。
少しだけ、これが職業になったらなあ、なんてことを考えながら。
06.30 (Mon) 03:01 [ 身辺話 ] CM1. TB0. TOP▲
突然だが、以下の問題に答えてほしい
ある少女が、母親を亡くし、葬式を行なった。葬式の会場で、少女は見知らぬ男性と出会った。少女その男性が自分の理想通りの人であることに驚き、その場で恋に落ちた。
しかし彼女は、結局その男性に電話番号を聞くことすらできなかった。

そして……

数日後、彼女は自分の妹を殺害した。


さて、ここで問題。
彼女が自分の妹を殺害するに到った動機を述べよ


まずは自分の答えを思い浮かべて下さい。
正解は下から(以下を反転)


彼女は、自分の妹を殺害してまた葬式を開けば、もう一度その男性と会えると思ったから


さて、正解しただろうか?
ちなみに俺は一発で正解した

11.03 (Fri) 11:27 [ 身辺話 ] CM9. TB0. TOP▲
最近、音楽のダウンロードに微妙にはまっている。
知らない音楽がメイン。
その過程で、最近稀に見るほどグッときた曲を発見

その名も……

きみのこえ

作詞:新海誠
作曲・編曲:天門
歌:

ちなみにタイトルをクリックするとアマゾンに飛びます

この曲は新海誠監督のアニメ映画「雲の向こう、約束の場所」のエンディングテーマとなっている。
新海誠、と言っても、知らない人も多い。
この人は知られている人には知られていて、知られていない人には全く知られていない人間だからだw
しかし、俺はかなり尊敬している人(直接面識があるわけではないが)
というのも、この監督は三十分弱のアニメを一人で作り上げたのだ。
シナリオからコンテ、アニメーションの描写まで、全て一人で。
ちなみにその作品の名前は「ほしのこえ」という
結構センセーショナルなことだったため、知っている人もいるかもしれない。

そして天門なる人物は誰かと言うと、これまた知っている人しか知らない人物w
この人は「ほしのこえ」や、新海監督の処女作的作品「彼女と彼女の猫」などで音楽を担当している人物だ。
これらの作品の音楽を聴いてみて、俺にはグッとくる音楽が多かった。

そして最後、歌手である「」という人物。
これは映画のスタッフロールでこのように表示されているため、あえてこう書いた。
実際のアーティストは「川嶋あい」である。
=ハート=愛=あい
と言ったところか?w



とにかく、この曲の話。
透明感のある川嶋あいの声が好きというのもあるが。
天門作曲の、落ち着いたメロディがいいというのもあるが。
何より、歌詞が大好き。



色褪せた 青ににじむ 白い雲 遠いあの日の色
心の中の 誰にも 隠してる 痛み
僕の 全て懸けた 言葉もう遠く
託す日々の中で今も きみは 僕を あたためてる

きみのこえ きみのかたち 照らした光
かなうなら 僕のこえ どこかのきみ とどくように
僕は生きてく

日差しに灼けたレールから 響くおと遠く あの日のこえ
あの雲のむこう 今でも約束の場所ある

いつからか孤独 僕を囲み きしむ心
過ぎる時の中できっと 僕はきみをなくしていく

君の髪 空と雲溶かした世界 秘密に満ちて
君のこえ 優しい指 風受ける肌
心 強くする

いつまでも こころ震わす きみの背中
願いただ 僕の歌 どこかのきみ とどきますよう
僕は生きてく



特に映画を見ている人にとって、この歌詞は素晴らしく感動する部分だと。

昔の「きみ」との思い出を思い出しながら、それでも徐々に大人になっていかなければいけない。
遠く離れても、「きみ」のことを大切に思いながら、自分は自分の道を生きていく。

そんな切なさが、ひしひしと伝わってくる。


そして最後の最後のフレーズが特に切ない


きみのこえ きみのかたち 照らした光
かなうなら 生きる場所 違うけれど 優しく強く
僕は生きたい


「雲の向こう~」は最初、ハッピーエンドだと思っていたのだが、この曲がエンディングで流れてきて初めて、実はハッピーエンドなどではない、ということが分かった。
ネタバレになるので詳しくは話さないが。
映画の最後が、映画の最初にリンクすると、この歌詞の意味は分かる。

つまるところ、「きみ」のことを思い出しながら、自分の道を強く生きる、ということだ。

過去と訣別をつけながら、生きる。
それは俺の理想とする生き方だ。


「きみのこえ」は、様々な事を考えさせられた一曲だ。

あなたの「いろいろ考えさせられた一曲」は何という曲だろうか?
11.29 (Tue) 00:19 [ 身辺話 ] CM1. TB0. TOP▲
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。