上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
わたくしを喰らうのです
それによってわたくしはあなたの中で生き続けるのでしょうから

わたくしを喰らうのです
それによってあなたはわたくしをとどめておくのでしょうから

わたくしを喰らうのです
それによってわたくしは途絶えるのでしょうから

わたくしを喰らうのです
それによってあなたは生きながらえるのでしょうから


お題のページへ
スポンサーサイト
水はその中に果てしない世界を形作る
無限の流れに夢幻を映す


光を写し

世界を映し

時を移す


その世界は一点の曇りも無く

その世界は一抹の翳りも無く

その世界は一切の偽りも無い


どれほど隠しとうそうとしたところで
それは現実を映し出す
その世界は明らかに現実で
単に真実を映しているだけで

しかしどこか幻想的な世界

この現実世界に幻想など無縁である
幻想は現実の向こう側にある
決して相交わらず
遥か対極に位置する二つの宇宙


しかし水の中は幻想的で
たとえ現実でも美しく見えてしまう


それならば

この世界が現実なのではなく
水の中が現実なのではないか
写像と思う物が現実で
現実と思う物が写像で
そうであれば僕は
この世界を何とか生きていける


この世は醜いものであふれかえる

この世は厳しいことで埋め尽くされる

この世は苦しいことで満たされる

この世は悲しいことで繰り返される


それが写像であれば
幾分か楽だろう
幻想を醜悪に映し出す鏡であれば
幾許か喜ばしいだろう

僕が本当は幻想的な世界に生きていて
それを「現実世界」というものが映し出しているだけだとしたら
きっと僕の生きている世界は素晴らしいものなのだろう


お題のページへ
さあ漕ぎ出そう
視界は水平線で覆われている


水平線の向こうに
一体何が待っているのか
そんなことは分からない
この向こうに誰がいて
この向こうに何があって
この向こうがどこにつながっているのか
そんなことは知らない
でも僕はこの船を出すんだ
その向こうに待つ夢幻を信じて


行く手は怪しく光り
雲も海を覆っている
それでも僕は行くんだ
それが今僕にできることだから
今しかできないことだから


嵐が来ることもある
凪いで帆が進まないこともある
雨が降れば渦潮もおこり
竜巻もあれば海獣もいる
それでも行かないわけにはいかないんだ
僕は僕を抑えきれない


冷たく頬を通り抜ける潮風も
僕のハートを冷ますことなどできない
ただ遠くへ
ただ未知の地へ
ただここではないどこかへ
ただ誰も知らない大陸へ
ただただ僕は帆を進める

この先に何が待っているか分からない
この先がどこにつながるか分からない
それでも僕は行く
夢幻の彼方へ無限の可能性を探しに


さあ漕ぎ出そう
視界は水平線で覆われている

夢幻への船出




お題のページへ
ゆらりゆらりと揺れるのはは
はるか遠くの蜃気楼
誰もが抱く幻想を
内に抱えてただ揺らめく


この夜だけの蜃気楼
その幻を眺めることで
人は無常を思い知る
時には深い喜びを
時には深い悲しみを
時には深い幻想を
時には深い絶望を
蜃気楼は見せつける


あの夜のことは蜃気楼?
邂逅すること無い事実?
僕にはそれは分からない
ただその姿は
僕に希望を与えていった


儚い夢と知りながら
僕はその日に未来を夢見る
ifでしかない通り道
それはとても心地よく
だから余計に思い知る
そこがたどり着けぬ場所だと


あの夜だけの蜃気楼
その儚さはただの夢
たった一夜の夢物語


お題のページへ
さあ出かけよう
ほんの少しの荷物だけを持って
見知った顔には別れも告げず
誰も知らない世界へと


面倒なしがらみなど振り捨てて
暗い過去など振り切って
果てぬ夢に身を委ね
潰えぬ希望に心弾ませ


誰もいなくてもきっと大丈夫
君が傍らにいるのならば
僕はどこにいても幸せだ



雲続けば
空の果てまでも

風吹けば
海の果てまでも

道続けば
地の果てまでも

君望めば
時の果てまでも



お題のページへ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。