上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログ毎日更新してやる!とか一瞬思った時期が俺にもありました


てなわけで脈絡も何もなく、唐突に真面目な話。主に学術系。


web2.0は確かに、従来のコンピュータからすれば画期的な考え方であったと思える
しかしweb2.0という言葉自体が死語となってしまった今現在
巷ではクラウドクラウドとうるさいけど(そのブームも沈静化したように思える)、その根本はwebに情報がちりばめられているという考え方だ

確かにコンテンツ閲覧者とコンテンツ提供者の二元一致は行われた
個人的にこの技術の最たるものがブログ(SNS、twitter等を含む)とwiki、そしてソーシャルゲームである
自由に情報を発信でき、更にそれを取捨選択して得ることができる
その集合知の考え方は偉大かつ、従来の暮らしを変えうるものであると思う


しかしながら、web2.0の問題点を自分はここに見る
それはコンテンツ提供者は「提供する気のある者」に限られるということだ
たとえばゲーム攻略wikiだって、その攻略情報を知っている人間がいようとも、それを発信する気がない人間はwikiの編集を行わない
このブログだって、ゲームのことや個人の日記など、本当にくだらないことでも良ければ、多分書くことはいくらでもある……にも関わらずこの更新頻度の有様だ
そして本当に「発信するべき情報」、あるいは「閲覧するべき情報」という物を発信できている人は数少ない


以上の「発信するか否かの選択性」という点を問題とした時、ひとつの解決策を考えた
『webに集合知の考え方があるならば、それを利用すれば良い』
単純明快だとは個人的にも思う


若干飛躍するが、この性質は知識獲得という分野と高い親和性を持つ
ここで言う知識獲得ということの意味を説明すると……

Q1.勉強で分からない事がある
A.グーグル先生に似た様な問題が無いか検索すればいいじゃん!

Q2.このキャラのコンボを知りたい
A.攻略wiki見れば載ってた!

……というような、知りたい情報を知る術である

しかしそれを、「明確に知識や情報を求めた行動」に限定するのは勿体無いように思う
例えばamazonの「この商品を買った人はこんな商品も買っています」の機能で、ついつい目移りしたことは?
あるいはニコニコで「この動画を見た人は(ry」で延々と動画を辿り続けたことは?
さらに言うと、wikipediaでリンクを辿っていたら二時間経ってた、とかいう経験は?
これが「明確に知識や情報を求めていないのにとった行動」である

上記の例でwikipediaは除くとしても、他はある意味で「人の無意識」に起因する法則を利用したものであるだろう
「無意識」を上手く抽出できるようになると、たとえば利用者が知識を得る段階で取った行動(webの閲覧履歴やリンクの飛び方など)を元に、自分と考え方が似た人間がどのような行動を取りたがるか(つまり、『この商品を~』の件)が分かるようになる
これにより、先に述べた閲覧者と提供者の二元一致は完全なものになると思う
もっとも、こういう履歴を取るとかいうことが、危険性を孕んでいることも否定できないのだけど

とにかく自分の考えでは、この「無意識」部分をより明確に抽出していくことで、webの機能はさらに世界を変え得る力を得ると思う
そして僕は、多少ながらも世界を変えたいと結構本気で思っている





てなわけで、大学の研究室は人工知能分野の配属になりましたって話
スポンサーサイト
書き始めるかー

主にメルブラと3rdのメモ用になるかな
コメレス
>無頼人
ま、なんでこうなったのかとかは置いておこう
こういう事に関しては結果がすべて、素直に感謝しよう



というわけで、歳とりました
実年齢が一つだけ、見た目に近づきました

妹から、「年齢不詳」と言われました。
しかし俺の妹は年齢詐欺と言って差し支えが無い
俺とは逆の方向性でw


今年はどういう年になるか、正直予想もつかない。
とりあえず21歳がいろいろありすぎて、でも色々と転換点で
少なくとも悪い方向には行ってないのだと思う


今年は頑張ります。
幸い、まだ前厄でもないしw





最近、昔の曲を整理していて見つけたもの。
そういやゴイステってこんな曲あったなー、歌ったなーという。
一部の人にはニヤニヤされるだろうが、貼り付けてみる
いや、普通に名曲だと思うんだけどね。
ゴイステは下品な曲もあるが、凄くプリミティブな感情を描いた良い曲が多いと思う。
こんな曲を歌えるようになるのはいつの話なのだろうか……

とりあえず年内、トップ記事は変更しない方向で
が、なんかコメントレスしないといけないような感じもするので。

>Theun
一時期更新やめていたから、どれくらいの間見られているのか謎だぜ……w

>ひろ☆ん
今までズルズルと初コメをひきずってたからこんなことに
まあコメントできる記事も無かったかw

>三八
正直、一番驚いた。
もっとも記事の大半は見ても意味分からんだろうけどw

>SHO
地元のゲーセン勢がどれだけ見てるのかが謎だ……
いや、そんなに知り合いが多いわけじゃないけどさw

>ocさん
今の俺の壁紙は新海誠だったり
>他人の人生に興味も無いので
このブログも、見ててもそんなに面白くないですよww




最近、いろいろと辛いです。
何かやってるときは、そういうことを考えなくていいのだけど。
それこそゲームやったりだとか、本読んでる時だとか、演奏してる時だとか。
あ、でも小説書いてる間はそういうことばかり考えたりもするから、「趣味に没頭してる間は楽になれる」なんては言えないけど。


本当、人間のしがらみっていうのは根が深くて面倒なもので。
問題が一つ解決したと思ったら、それが解決されたことで、また新しい問題が生まれる。
しかもそれが一つだけじゃなく二つにも三つにも増えるから、ドツボにはまってネズミ算。
結局、問題は問題のまま、未解決で放置しないといけないものもあるのですかね。
そうじゃないと生きてくことが難しくなりすぎる、そんな気がする今日この頃。


自分のことを知っている人が誰もいない土地にいって、いろいろとやり直したいと思う時がある。
特に最近、そう思うことが増えてきた気もする。
友人関係はもちろん、親兄弟とも一切の連絡や関係を断ち切って、1からやり直したいなー、と。
一か月くらい前は特にそう思うことが多かったので、小生、色々と危なかった。


一昔前の小説であれば、それが愛する人との駆け落ち、という流れだったんだろうけど。
最近の小説であれば、単に自殺、という結末が多い気がしてならない。


一か月前の時点でもうちょっと問題が大きくなりすぎていれば、最近の小説風のエンディングが流れていたのかもしれない。
死への衝動と言うものは誰もが持っているのだと思う。
俺はきっと、それが結構強い部類の人間で。
大昔に、そんなことを書いた記事もあったり。
どーでもいいが、最近こういう小難しい記事、書いてないなww


今は少しずつ問題が解決に向かってる(と信じたい)から、自殺だとかは考えなくなってきたけど。
やっぱり誰も知り合いがいない土地で、やり直したいとは思います。
俺が忽然と姿を消したときに、悲しんでくれる人はどれだけいるのだろうね。
ドラクエみたく、3人くらいまでなら一緒に連れて行きたいとは思うw


とにかく、こういう精神状態だと小説がはかどります。
小説を書いてる間、色々と現実のことに目を向けなければいけなくはなるのだけど。
たとえば実体験を元に、色々と空想を広げることもできるわけで。
自分の問題を元に、それの「if」を考える為の、格好の口実なのかもね。
何も無しにそういうことを考えても、ただ無為なだけだし。



そうそう、小説について。
とある雑誌で超短期連載していましたが、それもこの前で終了。
次回作の予定は未定です。
と言うか、実質的には次回は無いですよー、ということに等しいな。
夢が叶っても、その夢がすぐに終わるという結末になりました。
いうなれば、こんな小説のような。

書いても地獄、書けなくても地獄、書かないのはもっと地獄。小説には死がなくて、作家には出口がない。

これはまさしく名言だと思う。


まあ今回はそういう契約(超短期)のもと書いていたので、そこに不満や悲しみがあるわけではありませんが。
はたして、これから小説書く上で勉強になったのかなーとか考えると、結構微妙。
昔、とある人に「金の為にものを書いたり作ったりしたら、芸術家の端くれとしては終わり」とか言った記憶があるけど、まさにそんな感じだったのかも。

とにかく、こっからはがむしゃらに書いてみますか。
年初めは結構小説の賞があったりするので、とりあえずそれに向けて。

今の精神状態ならば書けるはずだww
とりあえずもう少しブログ見てるやつもいる気がするので、トップ記事は変えないでおきますw


ちょっとしたきっかけで、過去のブログを見返していました。
で、未消化の記事が結構あったのでとりあえず、古い順に。
この記事の最後の文
結局アップテンポな曲のランキングつけてなかった

というわけで、今更だがつけてみる
さんざんこのブログで既出なものもあるだろうがね

5位:砂漠の雪/MELL
詳しくはこの日記参照
何度も言うが、サビへの盛り上がり方が鳥肌

4位:風とゆく/落合ひろひと
超マイナー曲
白鯨伝説っつーアニメのOP主題歌です。
長い間頭の片隅に残っていてフルバージョンを探していたんだけど、つい最近ようやく発見
前奏でまずいろんな期待をして、勇壮なAメロからBメロへの急激な転調とボリュームのパン、そして希望に満ちあふれながらもどこか哀愁を感じるサビへの流れが完璧すぎる。
どことなくオケっぽい雰囲気を感じた。なんでだろ?
歌詞がやたらかっこいい。
「風とゆく/たとえ遠くても/夢がある限り/生きてゆく/何があっても/君がいる限り」
こんな強い歌詞、見たこと無いわ


3位:Breaing the habit/Linkin Park
いきなりの洋楽だが許せww
これのアツさはやっぱ異常だろう……
meteoraのアルバムの中でも相当異色な作品。
サビの格好よさ、シンセのやたら攻撃的な音、そしてシャウトの圧倒的な力。
歌詞自体はほとんど単純に怒りを表現しているだけなのだけど、この歌詞とこのメロディは相当あっていると思う。
一時期こればかり一曲リピートしてたw


2位:東方妖々夢~the maximum moving about~
唐突に東方。\石鹸屋!/\石鹸屋!/
原曲ももちろんいいんだけどさ、この原曲ぶち壊しっぷりはいい意味で突き抜けた作品だと思う。
ACEのハイトーンやガイ長のハモリもすごいんだけど、何より一番聞くべきはへるにゃんのドラム。
この安定感とノリこそが石鹸屋。
相変わらず歌詞がアツい
「この身すべてが一振りの鋼」


1位:ダークプリズン
はい、多分誰も予想していなかったであろう曲w
スパロボよりグランゾンのテーマことダークプリズンです。
いまだにアドレスはこの曲名だ!ww
シュウがスパロボに出てくるごとに、やたら壮大なアレンジと共に復活する曲。
ちゃんと聞いて「やべ、KAKKEEEEE!!!」と思ったのはαのBGM
ちなみにこんなの。若干ハウってるけど。
で、OGS版はこんなことに
さらにいろんなシリーズ詰め合わせはこちら
テレビでこんなの流れたら鳥肌だろww
いや、SFCのサウンドでここまでのものもそんなに聞いたことないけどさ。
多分、オケの強さを初めて意識した曲だと思う。
どうでもいいけど、緑川と子安とか、すごい布陣だよな




とりあえずこんな感じで。
次点では逆シャアのメインタイトルとかもあったのだけどね。
相変わらず、選曲にポリシーも傾向も無いな……
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。