上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一年の終わりのブログをつけてみる

今日は特にやることもなく、一日中家にいた。
まあやることもなく、と言っても、家族全員で家の掃除をひたすらしていたわけですが。
んである程度終わって一息ついたら午後三時頃。
そうすると中学や高校の友人からのメール。
「一人暮らししているところの住所教えて」
こんなメールが三人から来ました
うわ、年賀状来るのか。

正直、今年は年賀状を作る必要性もないかな、と思っていたので、これは誤算。
やっぱり年賀状が来たら返さなきゃならないでしょう
というわけで年賀状製作開始。
二年前までは木に彫っていたんだが……なんだかんだで時間がかかるので、断念。
というわけで画像探しからレイアウト構成までを、三十分程度で完了させるw

全部で十五人ほどに出すだけだったので、パソコンで一人一人の文章を打ち込む。
文章は手書きのほうがいいのかもしれないが、正直な話、手書きよりも早いから全てパソコンで製作。
無論一人一人、文章は違うが。

で、全員分終わって午後五時頃。
その後多少本屋に出かけて本を買った後帰宅し、夕食。
俺の家では毎年年越しそばではなく、年越しにとろろを食べる。
変わっている、と思われるかもしれないが、岩手の一部の地域では実は普通らしい。

そしてテレビを見たりしてだらけながらしばらく過ごす。
そんで夜十一時半頃に父の友人家族が来る。
毎年我が家では元朝参りに行くことになっている為。
余談だが、先日この「元朝参り」が友人のほとんどに通じず、ちょっと驚いた。
総勢九人で盛岡の神社(榊山稲荷)に行く。
そして除夜の鐘を聞きながら、神社にお参り。

その後日の出までボウリングやビリヤードをしながらすごす。
そして初日の出を見ながら帰宅。

とにかく、一年間お疲れ様でした。
来年もヨロシク。
スポンサーサイト
というわけで2005年終了。
FC2のトラックバックテーマにもあったため、今年の俺的5大ニュースを考えてみた。

1,大学合格
2,一人暮らし開始
3,この日に書いたこと
4,人生初めて告白をし、その四日後に知ってる人から告白されたこと
5,テニスサークルに入会

こんなところ?

まあとりあえず一つ一つ振り返ってみますかね。

5、テニスサークルに入会
大学生活を一番変えたのはこれかな。
何より、一番友人の枠が広がった気がする。

なぜこのサークルか、というのは少し話すと長い。
1.テニスがしたくても部に入るほど気合入れてテニスやるつもりもなかったので「サークルに入ろう」と思った。
2.邦楽部(火木が練習日)に入ろうと思っていたので、火木以外が活動日のサークルにしたかった
3.もう一つのキャンパスでやっているサークルには入りたくなかった

というわけで、今入っているサークルに入った。
先輩に言ったら「消去法やん!」と言われたが……(苦笑)
それでも今のサークルに入れて、本当に良かったと思っている


4、人生初めて告白をし、その四日後に知ってる人から告白されたこと
これ、実は俺的には大事件。
告白したことも人生初めての経験だったし。
「知ってる人」から告白されたのもはじめての経験だった。
……いや、厳密に言えば後者は違うが、あれは「告白された」と言わなくてもいいだろう
まったく面識がない人から告白されたことはあったんだがなあ……
ちなみに、俺はフラれてフッたという状況。
いやはや……運命というものは実にタチが悪いな、と感じた。
少なくとも二人の願いが叶ってないからだ。

ちなみにこのことは、3番目にあげたこと(詳しくはこの日のブログに)が起こった日から一週間以内に起こったこと。
なんかこの付近の時期、俺は病んでました(苦笑)


3、この日に書いたこと
二度は書きたくない。


2、一人暮らし開始
一人暮らしは必然的にしなければならなくなったことなのだが、それでも大きな転換点であることには変わりない
それまでも実家では家事全般をやらなければならなかったので、やってることは変わりないんだが。
それでも、完全な一人暮らし、というのは結構いろいろなことが変わった。
何より『門限がなくなった』というのは喜ばしいことですなw
その上、完全に自分で家の中のことをやれるので、何がどこにあるかとか戸惑わなくて良い。
……多少、寂しいのはあるけど(苦笑)


1、大学合格
とりあえず今年一番の出来事でしょう。
つーか3番以外は全部大学関連の出来事だし。
人生を一番変える要素、といっても問題ないかもしれない。
まあ去年の今頃も普通に遊んでいたので、受験をナメていたが……何とかなったので気にしないw
そして大学に入って様々な人と出会って、世界が変わった、かな……。




とにかく、今年も色々あった。
来年も色々がんばろう
今日は前々から予定していたとおり、元高校テニス部のみんなで忘年会をした。
俺らの学年の部員は九人で、うち二人が浪人生なのでとりあえず全部で七人。
……の予定だったが、一人はバイトで帰省が遅れるとのことで、とりあえずキャンセル。
もう一人、当日ドタキャンという空気嫁的な人間が出現。
まあインフルエンザということなので仕方ないだろうが……
それでも全員参加じゃないのはちょっと残念。

PM5:45ころに大通りのアミューズメントセガ(ゲーセン)前ということだったが、予想以上にバスが早く着いた。
五時頃には着いていて暇だったので、一人でシューティングゲームをやる。
……なんか連日、遊びすぎだな……w

とりあえず時間になってセガの前に出てみる。
タバコを吸おうと口にくわえた瞬間に元部長(特徴:黒くて長い。東京の大学に進学)と遭遇
俺:「やあ、久しぶり」
元部長:「この不良が」

いきなり謎ギレされる再会w
まあ一応高校のとき、喫煙のことは隠してたもんで……

その後集合時間に遅れること五分、幹事のイチロー(偽名。岩手の大学に進学)が到着。
どうやら事故があったらしく、バスが遅れているらしい。
というわけであと二人が遅れるようなので、三人で先に飲み屋に移動。

適当に飲み物頼みつつ、二人が来るのを待つ。
十分後にA・Hが、三十分後にチャラたか君(両名とも栃木の大学へ進学)が来る。
全員そろったところで、改めて乾杯。
で、いきなり言われたこと
チャラたか君:「今日はGentleを潰すために飲みに来た」

いやいやいやいや待て待て待て待て

確かに高校の友達と飲むのは初めてだから、そんなに酒に強いわけじゃないのは知らないんだろうが。
どうやら俺は予想以上に、酒に強そうに見えるらしい(苦笑)

その後普通に飲みながら(といってもジンの一気とかワインの一気とか日本酒の二合一気とかしたんだが)、みんなで近況報告。
みんなバイトやってるみたいだねえ。
俺もやらなきゃと思いつつ、暇が無くてできないw

そして俺とチャラたか君以外はみんな大学でテニスの「部」に入っているらしい。
なんかテニス部っていうのもアツそうでいいな、とか少し思ったり。

二時間飲み放題ということだったので、きっちり二時間飲んだあと、二次会へGO
二次会はシダックスでカラオケ。
みんなで熱唱。
……いや、熱唱は俺だけだったか?
だってエアロスミスのI DON'T MISS A THINGは熱唱しないと無理があるってw
つーかかなり無理な飲み方をしたから、相当酔ってた。
まあブログ書いてるくらいだから、記憶はあるんだが。

んで二次会が終わった時点で十時ころ。
一番無理な飲み方をしていたチャラたか君は、その後にも他の所で飲み会があるらしい……

大 丈 夫 な の か ?

それでも何とかたどり着けたようなので、大丈夫なのだろう。

俺とチャラたか君以外の三人は帰る方向が同じ&バスがあるということだったので、三人で帰ったようだ。

俺はというと……バスが無かったので、タクシーを使って帰宅。
バスの時刻表の見方間違ってたorz
いや、年末年始の特別ダイヤというのを完全に忘れていたのだ

んで帰宅して就寝。
久々に高校の奴らとあえて楽しかった。

こうやっていろんな過去の人たちとのつながりが続いたり切れたりしながら、人生は続いてくんだな。
そんなノスタルジーを感じた十二月三十日。
今日は昨日書いたとおり、F井とM上と二人でゲーセンに行く……はずだった
予定が少し変更。

当初の予定
  『いつもの時間』にM上家へ。
 その後F井と俺がM上の車に乗せてもらって、三人でゲーセン(パロ)へと移動

変更後の予定
 午前十時半頃にパロへと移動
 F井とM上は当初の予定通り

というわけで、俺は雪の積もった盛岡の道を歩いていくことにw
なぜ予定変更があったかというと、中学時代の友人(N村とする)に呼ばれたため。
N村はどうやら夕方からバイトらしく、昼頃までしか時間がないらしい。
俺はN村に渡すものがあったため、会わなければならなかったので予定を変更。

十時半ちょっと過ぎに到着したものの、N村はまだいないようだったので、GGXX/を開始。
実を言うと/(スラッシュ)は初プレイ。
昨日の一件で、これからやろうかなと。
勿論医者一択w
CPU戦をやって2ステージほどやったところでいきなり乱入される。
相手は弱っちい中華娘
あの~、普通に三本連取できるんですけど

1クレ2プレイなので、二回乱入→二回ストレート勝ちしたところ、対戦相手と思しき人物が俺の後ろに移動。
で、対戦相手がN村だということが判明。
どうやら奴はGG自体ほとんどやってないらしい。

というわけでとりあえず渡さなければならなかったものを渡す。
その後俺がクリアするのを待って今度はメルブラ対戦。
先客がいたのでN村が乱入して勝ち、その後俺がN村に乱入。
というわけで今日の対N村成績(三本先取)。
   N村-俺
 (青子)0-3(教授)○
○(眼鏡)3-0(教授)
○(眼鏡)3-0(先輩)
○(眼鏡)3-1(教授)
 (眼鏡)2-3(教授)○

とりあえずN村に一言
「何負けてんすか」

いくら大会準優勝の経験があるといったところで、俺はメルブラは結構なブランクがある。
それにN村も確か、盛岡ではベスト4か8くらいまで行ったことがあるはず。
九月にやったのが最後だから……軽く三ヶ月?
その間格ゲー自体ほとんどやっていなかったのに……
ちなみにN村はほぼ毎週ゲーセンでやっているらしい。
だから普通に全勝でもおかしくないはずだが……

その後普通に乱入され、敗北。
どうやら粘着厨と噂の奴らしい
なら仕方ないw

その後二人でQMA3に移行。
この時点で十二時ちょい前あたり。
N村は1クレ、俺は3クレだけやってるので、クラス的にはほとんど変わらず。
んで二人とも2クレずつやって飯を食いに行く。
N村は中学時代の友人の中では数少ない大学生なので、大学のことなど話す。
ちなみに地元のI大学に在籍中。
どうやら学園祭実行委員をやっているため、多忙な日々らしい。
この時期にも、学祭の準備は色々あるとか。

その後もう一度パロに戻り、またQMA3継続w
二人とも3クレほどやったところで、F井とM上が登場。
F井は来るなりドラマニをやり始める。
い つ か ら や っ て い た ん だ ?
まあそれほど上手いというわけではなかった(むしろ初心者)。

その後N村はバイトに向かうため、帰宅。
三人になったのでぶらぶらと適当に遊ぶ。
M上と俺はGGXX/の練習。
F井(岩手トップレベルの秋葉使い)はメルブラで延々と乱入者を蹴散らしていた。
その後F井が「QMA3のカード買いたい」と言うので、近くのもう一つのゲーセン(LA)に三人で移動。

どうやらLAはGGXX/で盛り上がってる様子。

岩手のトップ二人が対戦中

QMA3を三人でやりながら、ロード時間とかは二人の対戦を観察。
闇慈とポチョの対決……凄かった。

LAの対戦台がなかなか開きそうになかったうえに、GGXX/はそれほど強くない俺たちは、30分くらいでパロに戻る。
その後三人でドラムマニアやったりマリオカートやったり。
余談だが、マリオカートってなんでNAMCO製作なのか気になる。
あ、ドラムマニアは今日始めて。
いやあ……意外とできるもんだねw

その後三人でGGXX/をやろうと思ったが、LAから流れてきたと思われる鉄人&鉄人兄の兄弟がやってた。
どちらも岩手の格ゲーの大会では上位常連の人。
そのそばでHさん(ゲーセンで知り合った人。俺はほとんど面識無いが、二人は結構面識あり)が乱入しようか迷ってるっぽい動きをしていたw
Hさん:「あ」
俺ら三人:「や、ども」
こんなかんじの会話を交わし、Hさんが乱入。
どうやら聖ソル。
聖ソルは初めて見たが……(・∀・)カコイイ!!
でもまあ俺は医者でがんばるがw

Hさん、M上、F井が無残にも3-1とかで負けているので、俺じゃ無理だろうなとか思っていると、M上から「お前はやらないのか?」といわれる。
「いや、俺弱いし青リロですらブランクがメッチャあったし。つーかGGXX/自体、今日初めてだぞ?」と言ったところ。

F井:「とりあえずやってみろ、世界が広がるぞ

どうやら鉄人兄弟は神らしいw
というわけで、医者で挑戦。
無論二回とも3タテで負けたわけだが('・ω・)ショボーン
しかしM上とF井に言われたこと。
「なんで勝ちかけてるんだよ?」
いや、なんか全部の試合、あと一歩でラウンド取れそうでした。
まあこれから大化けする可能性ありってことでw

その後パロも混んできたので、M上の車に乗せてもらって退散。
また今日もヲタな一日でしたなw
※今日の日記は今までにないほどヲタ要素が絡んできます
 分からない単語が羅列されていても決して苦情は受け付けませんw


今日は中学時代の友人二人と久しぶりに会う。
以下便宜上、F井とM上と呼ぶことにする。
ちなみに二人とも同い年で、地元の専門学校進んだ人間。
F井とは中一から、M上とは小五からの付き合い。

というわけで、前日夜(PM10:00ころ)のメールでのやりとり(原文そのまま)

M上:「明日暇か?」
俺:「ああ、基本的に今のところ暇」
M上:「なら遊ぼう」
俺:「了解」


二往復で完了w
ちなみに「どこで」「何時から」とかいう要素が書いてないが、そんなのは「いつもどおり」でOKだ


これが心友クオリティwww


というわけで昼の一時頃からM上の家へとGO。
案の定、F井がそこにいたw
そしてまあ恒例のやり取り
M上:「お、来た」
F井:「おう、Gentle~」
俺:「ああ、久しぶり」
F井:「さて、『闘劇魂』(※)を見るのです
※……国内最大の格ゲー大会、「闘劇」の為に作られた雑誌。
   詳しくはコチラ


いきなりそれかよw
まあ地元の友人は、この属性寄りの人間が多いw

というわけで、三人で闘劇魂を見る。
GGXX/とKOFXIメインで。
その後GGXX青リロに移行。
三人でひたすら対戦。
F井もM上もなかなかやりこんでいる。
俺はというと、青リロはほとんどやってない。
赤リロまではやっていたんだがなあ……
あ、この前八重氏の家でやったかw

んで対戦しながら近況報告とか近況報告とか雑談とかw
どうやら友人のKのメルブラが神がかっているらしいという話を聞く
冬休み中にあえるだろうか?

とにかく、結構ボコボコにされつつ楽しむ(決してマゾではないw)
それでも、医者だと時々勝つ。
自分でもビックリだw
あとはなぜか似非忍者で勝ったり……

とにかく今日は一日中青リロやって終わり。
久々にやったもんで、やけに面白い。
闘劇予選参加も考えようかな、とか思い始めた。
ということで明日ゲーセンに行くことにして帰宅。
久々に友人たちと「遊んだ」日だったw
二十五日は朝九時に寝て、昼一時前に起床。
いつもであれば夕方まで寝ているところだが、なんと言っても……

帰省ですから

京都を夜九時半頃に出発する夜行バスで帰省するため、一日中掃除したりなんなり。
七時頃には洗濯も終わり、徒歩で駅へと向かう。
七時半過ぎには最寄の駅に着き、二十分くらい電車に揺られて京都駅へ。
八時過ぎに京都に着いたのだが、ここで最大の誤算発生。

土産物屋が開いていないorz

27日が父の誕生日であるから日本酒を買ってってやろうと思ったのに……
仕方なく、駅の売店で八つ橋を七箱ほど買い込んで我慢する。
その後駅の中のカレー屋でカレー&ビールの夜食。
ほんのり酔ったところで店を後にし、バスに乗車。

ちなみにこのバスでの移動というのが、かなり時間がかかる。
京都-仙台間で十二時間
仙台-盛岡間で二時間
その他もろもろ合わせると全部で十五時間かかる。
まあ新幹線で帰るのの半額以下で帰省できるため、仕方ないだろう。
ということで一晩をバスの中で過ごす。
余談だが、この時点で既に文庫本一冊を読み終える(『トワイライト』、重松清 作)



二十六日は七時半頃に目が覚める。
とりあえずやることもないので、漱石の『こころ』を読み始める。
その後バス内放送。
「これより先、雪の影響による高速道路通行止めのため、一般道路に降りて目的地へと向かいます」
マジかよ。
とまあ愚痴っていても仕方ないので、小説を読み進める。

九時前に着くはずのバスは、結局十一時前頃に仙台に到着。
結局二時間遅れか……
それでも仙台-盛岡間のバスは一時間に一本、予約なしで出ているので特に問題なし
のはずだったのだが。
ここでも誤算が発生。
高速バス停留所の張り紙に書かれていた言葉

『本日26日は雪による視界不良・道路不良の為

盛岡方面行きのバスは終日

運休とさせていただきます』


マジかよヲイ!
ということで急遽予定変更。
仙台から新幹線を使って盛岡まで行くことに。

突然の予定変更だったが、新幹線が結構空いていたので、十一時半出発の新幹線の席が取れた。
ちなみに喫煙車だったw

『こころ』も既に読み終わっていたので、仙台駅で本を買う。
今度買ったのは村上春樹の『風の歌を聴け』
確かデビュー作だったかな?とか思いながら買ってみる。

その後新幹線の中へ。
発車二分前まで隣に人がいなかったので、一人席かな、と思っていたが。
いきなり「よろしくおねがいします」と言われ。
発車一分ほど前に隣に人が来る。
見ると、高校の制服を着た女の子

女の子が、しかも制服を着て喫煙車に乗る
明らかに異様な光景だったので、多少勇気を振り絞って話しかけてみる。
どうやら宮城の人で、これから秋田に推薦を受けに行くとのこと。
と言っても受験日は明日で、一日前に現地に入って宿泊とのこと。
なぜ喫煙車なのか?と彼女に聞くと、
「間違って喫煙車の切符を買ってしまったんですよ」
とのこと。
こんな珍しい御仁も、世の中にはいるらしい。

大学生活のことや勉強のこととかを色々と聞かれたので、つたない助言などしてみる。
そうこうしているうちに一時間が過ぎ、盛岡に到着。
「色々ありがとうございました」と彼女から言われ、いい気分になって電車を降りる俺。
名前も知らないけど、彼女には大学、受かってほしいものだ……

しかしそんな余韻に浸る間もなく、盛岡はすごい雪。
バスが運休になるものうなずける話だった。
母から来たメールによると、盛岡は積雪70センチ
しかも現在形で振り続けている様子w

とりあえず盛岡駅から一駅電車に乗り、家の最寄り駅の厨川駅(どう読むか分かるか?)に到着。
ちなみに駅から家までは徒歩で十分ほど。
予想外の出費(バスの代わりに新幹線を使用したこと)のせいで手持ちも少なく、タクシーを使う勇気がなかったので徒歩で帰宅。
吹雪の中を真っ白になりながら家に到着。

ここでもまた誤算が発生。

家の鍵が開いていない

いや、妹(高二)はてっきり冬休みに入っている気になっていたんだが、まだらしい。
仕方なく母に電話し、母の会社(家から徒歩十分)に鍵を取りに行くことに。
またも吹雪の中を歩く。

なんとか二時頃に家にたどり着き、濡れた服を洗濯に出してとりあえず昼寝。
四時半には起床し、やることもないので家周りの雪かきを開始。
一時間もやったところで母が帰ってきたので雪かきを終了し、母親に土産など渡してだべる。
そして成り行きで、更なる大誤算
「Gentle、今日の晩飯作って」
ハァ(゚Д゚)??
しかし無下に断ることにも行かず、仕方なく徒歩一分のスーパーまで買出しに行き、色々食材買ってくる。
どうやらお歳暮で肉があるとのことだったので、勝手にすき焼きに決定
買出しを終えて帰ってくると、父も帰宅していた。
なぜか父は料理を手伝う気まんまんらしいw

ということで父に食材運ぶの手伝ってもらったりして準備完了。
久しぶりに一家四人で食事。
いやあ、いいね、こういうのも。

その後またもだべったりして就寝。
疲れたには疲れた一日だが、家族と久々に話せて幸せな一日だった。
今日はぷちころの提案で、少人数での内輪クリスマスパーティだった。
最初は俺の家で、ということだったのだが……結局八重氏(またの名をイモ。微妙な池面さんw)の家で行う事になった。
気合入れて掃除していたので('・ω・`)ショボーン

五時頃に呼び出され、とりあえず行く。
ついてみると八重氏が一人で掃除中。
ぷちころもいたが、なぜか掃除はしていない。

何 故 だ

疑問に思いつつもスルー。
仕方なく適当に話などする。
それも飽きてきたので、仕方なくぷちころとチェスなどする。
結果。
圧勝
つーか奴が弱い

その途中、適当に部屋の片づけが終わった八重氏は「飯食いに行ってくる」と言って部屋を出る。
ぷちころが先ほど「部屋の片づけが終わったらみんなで飯食いに行こう」と言っていたのにもかかわらず、なぜか普通にスルー。
それでいいのか?と思いつつも、ぷちころがまったく普通だったので俺も平静を装う。
ということでチェス続行。
八重氏が家を出て二分程したところで「そういえば八重はどこに行ったん?」と、ぷちころ。

貴様の耳は節穴か?

どうやら記憶喪失らしいので、飯を食いに行った旨を伝えるw
いきなり八重氏に電話をかけるぷちころ。
そして電話口で言ったこと
「ご飯食べに行くんなら、なんで声かけてくれへんかったん?」
いや、貴様が悪い。

とりあえず電話の結果、八重氏は何か返却しに行った後一旦アパートに戻ってきて、一緒に飯を食いに行ってくれることになった。
そして八重氏を待つ間、ぷちころと一緒にぷよぷよ対決
カエル戦法に苦戦しながらも、なかなか善戦。
八重氏が帰宅したときには、20-4の戦績で勝利w

その後近くのスーパーで夜食を購入。
八重氏の家に再び帰宅し、食事開始。
ちなみに三人の食事は……
 八重氏……ピザ二枚、チキンバー一本
 ぷちころ……ピザ一枚、チキンバー四本、ソフトクリーム一個
 俺……チキンバー五本
ああ、なんと偏った食生活かw

飲み会は十一時からと言うことだったが、食事が終わっても九時前だったので、三人でポケットファイター(ストリートファイターをデフォルメしているが、システム・バランス共にもはや格ゲーではないw)とウイニングイレブンをやって時間をつぶす。

十一時になっても女性陣三人が来ず。
十一時半頃になってようやくカケムが到着。
ちなみに八重氏が最寄り駅まで迎えに行く。
どうやら他のサークルの飲み会だったらしく、既に酔っていた。
カケムが格ゲーをやりたいと言うことでGGXXを開始。
俺&八重氏は経験者、ぷちころ&カケムは完全な初心者という状況。
いや、まあ一応手加減はしましたけど。
そして十二時を回ったあたりで八重氏に電話。
いちごとSちゃんが最寄り駅に着いたので、迎えに来てほしいとの事。
かなり八重氏が寒がっていたので、今度は俺が行こうかとも思ったが、アパートから駅までの最短距離を知らないので断念。
またも八重氏が迎えに行く
正直スマンかった。
結局十二時十五分頃に全員集合完了。
なぜかSちゃんにクリスマスカードまがいのものをもらう。
いや、普通に嬉しかったです、ハイ。

その後、既にクリスマスに入っているがそんなことは気にせずパーティ開始。
買ってきたケーキを食し、スパークリングワインを飲む。
そしてチューハイを飲み、ジンを飲む。
このジンが、実にうまかった。
というかすばらしく香りが良い。
後で改めて八重氏に教えてもらわねば……

その後は適当にだべりつつ、なぜかGGXXを継続してプレイ。
どんなノリだよ、といいたいのを我慢するw
途中でそれにも飽きてきた(経験者がいない為)ので、手持ち無沙汰にチェス板に駒を並べていたところ、カケムが興味津々。
俺:「ルールは知ってる?」
カケム:「いや、知らない」
俺:「じゃあ将棋のルールは知ってるよね?」
カケム:「いや、それも知らない」
俺:「日 本 人 か 貴 様 は
そんなやりとりがありながらも、カケムにチェスの基本ルールを教える。
その後二回ほどカケムに付き合わされて対局。
二回とも勝ったものの、なかなか飲み込みが早かった。

その後、カケムが八重氏にも試合をせがむ。
この時点で朝四時過ぎ頃?
この試合が長引く長引く。
結局終わったのは八時過ぎw

その後朝マックをみんなでしよう、ということで駅近くのマックで朝食。
飲み会のあと朝マックって……と、不思議に思ったりもしたw
その後帰宅して就寝。
寝たのは九時でしたw
昨日は天皇誕生日だった。
ということで
クリスマスパーティ開催
いや、たまたまこの日になったというだけですがw
テニスサークルのクリスマスパーティなのでした。

午後六時からパーティだったので、午後四時頃に家を出て色々と所用を済ませる
ちなみに所用とは……
・帰省用のバスチケット(往復分)の購入
・琴柱の購入
・預金の引き出し
・煙草の購入w
改めて思い返すと、結構金使ってんな。

んで、全部終わったらば五時頃だったので、近くのゲーセンでQMA(※)をやって時間を潰す
QMA3が出ているとは露知らず。
もちろんカード購入の一択w
※……分からん人のために一応説明。
    QMAとはクイズマジックアカデミーの略。
    オンライン型アーケードゲームで、全国の人間とクイズをやるもの

カード引継ぎの機能はあったものの、クイズの正解率だけしか引き継がれないっていうのはどうかと。階級とかが一新されたから仕方のないことなのかもしれないけど、全員一律で修練生の10級からってのはねえ……
それでも、問題ごとに全国の正解率が表示されるのは面白い。
正解率の低い問題を正解できたときの快感は言い表せないw

QMAを3クレくらいで切り上げ、クリスマスパーティの会場へと向かう。
大体10分くらい前に到着。

予想通り誰もいない

仕方ないので煙草を吸っているうちに、ちらほらと集まってきた。
ちなみに今日はみんなで正装(男子はスーツ、女子はドレス)だったので、皆いつもとは違う雰囲気。
こういう雰囲気は結構好き。
みんな『大人』という感じに見える。
友人Kが会場に着くなり「ネクタイの結び方教えてくんない?」と来たのは多少驚きだったがw

プレゼント交換をするということだったので、俺もクリスマスプレゼントを買っていった。
中身は内緒w
中に入って参加費を払うと、どうやら席は自由ということらしい。
軽く見回したところ、テーブルが四つあって、なんか「いつもの」皆で固まってる感じ。
仲がいい奴ら同士ってことね。
俺的には、こういうイベントのときは適度にバラけなきゃな、という考えがあるので、なぜか誰も座っていなかったテーブルに一人で座ることに。

そしたら予想外の展開。

なぜ俺のテーブルに女子が座るんだ!?

気付いたらテーブル(九人掛け)は、俺以外全員女子(一回生)というハーレム地獄のような状態にw
いや、いづらいんですけど……
カケムのブログを見たところ、俺は彼女から哀れに見られたらしい。
同情するなら席移れ!
まあ結局、一人だけ遅れてきた一回生の女子が俺と席を交換し、事なきを得た。

でまあその後は普通に飲んだり食べたり話したり。
いつもどおり色々なよしなしごとを話していた

で、一時間ほど経ったあたりで会長に呼ばれる。
どうやらプレゼントを渡す係ということで、トナカイの帽子をかぶってみる。
実に可愛いw
いや、俺がじゃなくトナカイがねw
そして一通り配り終わったところで、お色直し。
今度はトナカイの被り物をかぶってみる
ちなみに被り物っていうのは、トナカイの頭がちゃんと付いたやつなw

その後その頭でパスタを食べたり皆に写真とってもらったり……

頭を触ってくる人たちに頭突きしてみたりw

とにかく面白かったです。

九時ころにお開きとなり、その後二次会(カラオケ)に行くことになった。
一次会の会場からカラオケボックスまではだいたいチャリで5分ほど。
誰も移動する気配が無かったので、一人で移動。
もちろんトナカイの被り物装着したままw
参加者は十人。
ひさびさのカラオケだったので、結構歌った。
まあ微妙な曲が多かったわけですがw
途中Pさんにm-floのcome againを歌おうと言われてやってみたものの……
完全に惨敗でした……
7,8年くらい前の曲は忘れてるってw

二時間歌って終了。
終わって帰宅してみると実は十二時前。
もうちょっと遅くなると思っていたんだがなあ……


今日は夕方から俺の家でパーティをするらしい。
しかし全く片付けてない状況
これから掃除です……
今日は火曜日だったので、邦楽部の練習に参加するため、もうひとつのキャンパスへ。
練習、というよりもクリコンだった。
「クリコン」といっても、「クリスマスコンパ」の略ではなく、「クリスマスコンサート」の略であるw
もっともコンサートと言っても、部内コンサートだったため、まだ気は楽。

というわけでもない(ぉ)

実を言うと、身内の人間に見られるほうが緊張するほうだったりする。
特に琴の場合は。
なぜかというと、みんなが自分のやる曲を知っているからだ。
とくに今回演奏したのは『春の海』という、だれでも知っている曲だったので(正月のCMには必ずといっていいほど流れる曲)。


え、なんでそうだからといって緊張するかって?


ミスが簡単にバレるからに

     決まってるじゃないですかw




普通であれば、観客の大半は演奏する曲を聴いたことがないから、多少音を間違ったりしても何食わぬ顔で演奏し続けていれば『こういう曲なんだな』と考えてくれるw

そんなわけで、微妙な緊張状態のまま演奏してきました。
余計、有名な曲だったしなあ……


結局のところ、演奏は満足いく、というレベルまでは達しなかった。
それでもみんなに凄い凄い言われた。
……たぶん、みんなフォローしてくれたんだろうw


その後、大学近くの飲み屋で飲み会。
全部で三十人くらいだったのかな?
二時間くらいだったが、とにかく喋った喋った。
いや、くだらない話ばかりだったんだけど。
なぜか教習所に行っている人間が多く、多少その話題で盛り上がるw
けっこう楽しかった。

しかし俺的には、なぜか飲み物が一杯しか来なかったのに不満たらたらw
まあ仕方ないっちゃ仕方ないのかもしれないけど……
いや、それでも一杯じゃあ少なすぎますw

というわけで(どんなわけだ)、M先輩(三回生、唯一同じキャンパスの人)の提案で二次会に行くことに。
ちなみに二次会参加者は五人w
『八剣伝』にて飲む。
M先輩が注文すること注文すること。
まあM先輩のおごりということだったので、別にいいんだがw

ちなみに色々と話題はあったが
邦楽部のこれから→今日の飲み会→京都学生三曲協会について→日本史について→天皇の問題について→苗字について→邦楽部について
みたいな感じで話題が変わってた気がする。

天皇問題を真剣に討議していた、大学生五人組ってw

解散したのは十二時半頃。
タクシーを使って白梅から京都駅まで行った後、滋賀に最終電車(一時京都発)に乗って帰還。
M先輩と一緒に帰ったが、どうやらかなり酔っていたご様子。
そりゃ三時間でビールジョッキ六杯も飲めば十分だろうw

何とか最寄のM駅までたどり着き、先輩とタクシーで帰宅。
いや、俺は帰宅じゃなくて、大学に自転車を取りに行ったんだが。
とにかく、寒空の夜中に一人で自転車で帰宅。
疲れた一日でした
土日は微妙に体調不良で、ずっと引きこもっていた俺(滅)
で、引きこもって何をしていたのかというと……

またも一人で鑑賞会

いや、今回は映画ではないんだが。
だからこそ、終わってるな~俺、とか思うわけでw

usausaさんからもらったガンダムWを

            見ていました……

しかも49話全てを見るというオマケ付き……


ヲタクwayまっしぐら?
そこ、変な目で俺を見るな!
あ、石を投げないで……w

いやいや、普通に面白かったのです。

ガンダムシリーズというものは、どうしてもモビルスーツ同士の派手なドンパチというほうに目が行ってしまいがち。
そのため、「ガンヲタ」などという蔑称をつけられているのだと思う。

俺的に考えること。
確かにガンダム、と聞くとロボットを連想してしまう。
しかし実際のところその面白さは、ロボット同士の戦闘にあるものではないと思う。

シリーズを通して伝えているのは、戦争の悲惨さ、では無いか?

全ての作品において、ガンダムの主人公は少年(だいたい十代半ば)達だ。
人を殺すということに対する葛藤だとか、力を持っているが故のつけあがり、などは存在する。
しかし、結局は「自分の信じる正義」のため、ガンダムの作品の登場人物は戦っている(それが軍国主義の洗脳教育によってもたらされた正義だとしても、正義は正義だ)。

ガンダムの作品のほとんど全部(俺の記憶では、『逆襲のシャア』以外)が、比較的大団円的な終わり方をしている気がする。最終的には平和になって終わり、だ。
実際の戦争では大団円などありえない。これは理想を描いているのだと思う。それにより、最悪の戦争時と最高の平和時を見せることで、戦争の悲惨さをより浮き彫りにしているのだと。


なんだかまじめなガンダム考察になってしまったw
ここまで来ると俺、病気なのかもな……w
今日は金曜日だったが、テニスのサークルも月曜日で終わってしまったので、夜は久しぶりに暇だった。
ということで、見ないでデータとしてたまっていた映画を見る。
二作見たので、簡単にレビュー……というほど大層なものでもないので、感想を。

The Brothers Grimm
グリム童話を作った、グリム兄弟の話。
実際にグリム童話が作られるきっかけとなったことをフィクションした映画だ。
実際にこんなことがあったとは考えがたいが、映画としてはまあまあの出来だと思う。
ある程度ストーリーはまとまっていたし、最初さえ過ぎれば分かりやすい映画だった。
ただ、多少間延びした感じは否めない。もっとスピード感ある展開をすれば、もう少しだらけないで見れた気がする。
……いまだ公開中なのは内緒w

Brother
いわずと知れた、キタノ映画。
実はキタノ映画は、座頭市しか見たことが無い。
ということで、キタノらしい映画、は初体験。
素直な感想。

圧巻。

とにかく、鮮烈という単語が見事に当てはまる。
説明描写やセリフを極限まで切り捨てたスタイル。
面白い、というよりは「格好いい」「男らしい」ということを感じた。
一応は仁侠映画なのだが、それがアメリカのマフィア集団と戦う、というのは結構新鮮な試みだったようだ。
俺的には、男の美学というものを感じた。


と、こんな感じ。
久々の映画だったため、また映画を見に行きたくなってしまったw
昨日は今年最後のテニスサークルだった。
しかし寒い。
つーか風強い。
コートが三面使えたから面白いには面白かったんだが、それを通り越して寒かった……
まあもともと、体温が上がりやすい体質なのでそれほど苦にはならなかったがw

今年最後のサークルということで、結構な人数が来た。
しかし後期はほぼレギュラーメンバーと化していたはずの、MちゃんとPさんが来なかったのは最大の謎
まあ忙しいのならば仕方ないのだろうけど……
ここのところ、久しくPさんと会ってない気がするw
Mちゃんとは一回飲んでるんだけどね

サークル後、その人数(三十五名くらい?)みんなで「王将」(餃子がウリの中華飯店)へ。
テーブル七つ占領とかありえないw
アフターでは久々に元会長と元宴会部長(ともに三回生)と話をして楽しむ。

その後現会長の提案でBb(総合アミューズメントパーク)へ。
六、七人来るかと思ったら、実際に来たのは俺を含めて四人。
現会長、S君、Sちゃん、俺。
Sちゃんは半ば強制的に連行したようなものだったか……
この場を借りて謝罪しますw

バドミントンやってバスケやってビリヤードやりました。
普通に楽しかったですw


んで帰ったら一時半頃。
ああ、また睡眠時間が削られたw
Ruta氏からの酒バトンが回ってきたから書いてみる

1.酔うと基本的にどうなりますか?

 赤くはなるものの、基本的に変わらない?
 多少騒がしくなる程度かと。

2.酔っ払ったときの最悪の失敗談はなんですか?(複数回答可)

 最悪か……
 それほどやばくなったことはないんだが。
 一番の失敗談(というか失敗ではないんだが、後悔していること)は、高校最後の飲み会で……ちょっといろいろと
 それほど酔ってるわけじゃなかったんだが。
 周りの奴がやばかったので、そのノリで。
 これ以上はお子様は禁止ですw

3. その時は何をどれくらい飲みましたか?

 それほど飲んだわけじゃないが
 日本酒三合とビールを少し

4.最悪の二日酔いはどんな感じでしたか?

 そもそも宿酔いの経験がない

5.酔っ払ったときに迷惑をかけた人にこの場で謝りましょう!

 心配をかけたことはあるかもしれないが
 迷惑をかけた記憶はほとんどない(と自負している)。

6.今、冷蔵庫に入っているお酒の容量は?

 冷蔵庫の中にはビール一本と日本酒が三合くらい。
 冷蔵庫の外にはウイスキー(サントリーオールド)とブランデー、あとカシス酒がある。

7.好きな銘柄は?

 日本酒の辛口全般
 あとは最近ブランデーが好き

8.最近最後に飲んだ店は?

 京都の四条河原町、ふうふう亭

9.よく飲む、もしくは思い入れのある5品は?

スクリュードライバー
 度数が高いのに飲みやすい。
 レディーキラーの異名を持つ飲物は伊達じゃないw
 ちなみにこれを日本酒とチャンポンしたときが一番飲んだとき
 そのときはスクリュードライバーを四杯、日本酒を四合飲んだw

鷲の尾
 もしかしたらローカルネタ?
 周りの人は知らないかもしれない。
 スクリュードライバーとともにチャンポンした、思い出の酒w

美少年
 これも知らない人は知らないかも。
 お父さんから教えてもらった日本酒。
 辛口でかなり好き。
 ……店で注文するときは多少恥ずかしいがw


色々と飲むんで、五種類選べませんw


10.ジョッキを渡すひと5人

 とりあえず大学のクラスの友達には全員渡っているので……
 このページからはリンクしてないテニスサークルの人々(Pころ、Iご、Kム、Iモ/あえてイニシャルw)
毎週金曜日は英語の授業で、ライティングをやる。
この授業は後期に二回宿題がある。
で、来週が二回目の宿題の提出日。
テーマは「An important event in your life」

どんなことを書こうか、実はすごく迷っていた。

あ、今日の話題は何気に重いので、そういうのが嫌な人はスルーしてください


最初は「Starting learning Koto」(琴を始めたこと)のテーマで書こうと思ったんだが。
「Before event」と「After event」でどう変わったのか書かなきゃならないため、断念。

誰が小学校一年生のときのことを

覚えているというのかw



そんなわけで、早くもネタ切れだったわけですよw

なにしろ、色々とやってきた身ではあるものの、人生に重大な影響を及ぼすようなことは何一つやってこなかった俺w
つーか人生が変わるような小説を読んだ、とか映画を見た、という経験はあるんだが、事件と呼べるようなことは無かったわけで。

それでは、何か人生観を変えたような事件は無いのか、もう一度考えてみる。
考えてみる。
考えてみる……


あった。


……あることはあるんだが、そのことについて書ききれるのかどうかが心配だった。

そういう話はそんなに好きじゃない。
それは皆を不幸にするから。
他人から不幸にされるのは別にかまわない。
でも。
他人を不幸にするのは嫌だ。

それでも俺はそれを書くことにした。
そうすることで多分、あのことにけじめをつけれると思ったからだ。
つい先程、英語のエッセイを書き終わった。
それでもまだ、けじめをつけることが出来ていない。
だからこそ今、ブログで公開してみる。

それは今年の六月終わり。
今でもハッキリと、覚えている。
テニスのサークルが終わったあと、サイゼリヤでのアフター。
食事を食べ終わり、十時半頃だったと記憶している。
突然の電話。
少し驚きながらも電話に出る。
そのとき告げられたことは、
大切な人が亡くなったということだった。

その夜アパートに帰ってから、俺は泣いた。
ひたすら泣いた。
俺が滋賀に進学してもこの関係は絶対に壊れないものだと思っていた。
俺は彼から多大な影響を受けた。
今の俺は、彼の存在なしでは無かったといっても過言ではない。
そんな彼が、突然なんの予兆もなしに、いなくなってしまった。
俺は一晩中泣き続けた。

彼はこの世界からいなくなった。
歩道を歩いているところを、車に轢かれたらしい。
轢いたのは飲酒運転の車だったらしい。
ふざけるな。

彼がどれほどの無念を残し、死んでいったのか。
将来は自分でゲームを作りたいと言っていた。
好きな人と結婚して、子供と一緒に遊んだりしたいといっていた。
それはもう未来永劫、かなうことは無くなった。

今まで死というものは、生の終着点に存在するものだと思っていた。
今の俺からは遥か遠くにあるものだと思っていた。
でも彼の死によって、俺はその認識を改めることにした。
死は生の終着点ではなく。
常に生と隣りあわせだと。

一晩中泣いた後、俺は一つの誓いを立てた。
俺は一瞬一瞬を、もっと精一杯生きようと。
いつ死んでも、後悔がないように生きようと。

queenの"No one but you"にこんな一節がある
" One by one, only the good die young.
They're only flying too close to the sun.
Crying for nothing, crying for no one.
No one but you."

もう一つ、Eric Craptonの"Tears in heaven"にこんな一節がある。
" I must be strong
And carry on
'Cause I know I don't belong
Here in heaven "

まさにこの気持ちだ。
俺は強く生きなければならない、と。

しかしどんなに誓いを立てようとも。
そのことがあってからしばらくの間、心にぽっかりと穴が開いたようだった。
小説とかではよく使われる表現だが、本当にその表現は的を射ているものだと思う。
喪失感。
それだけが、俺を支配していた気がする。

このことを書いたことで、ひと段落できる気がする。
もう少しで、彼が死んでから半年。
俺は彼と、彼との誓いの象徴に誓って。
強く生き抜いてみせる
とりあえず言いだしっぺが自分のをやってみる。
テンプレはこちらから

名前:Gentle
身分:公務員の息子
職業:学生
階級:貧乏大学生
熟練度:3段階(MAX8段階)
Lv:18
特技(三つまで):
 ・格闘術
 ・琴を弾く
呪文(三つまで):
 ・テンションを下げる
 ・雑学を話す
 ・反論する
HP:700
MP: 250
攻撃:8.3
防御:1.7
魔法攻撃:5.3
魔法防御:2.2
すばやさ:9.6
装備:
 ・テニスのラケット
 ・ふつうのあたま
 ・タートルネックの長袖
 ・サングラス
 ・れいせいなこころ
所持品:
 ・財布
 ・携帯電話
 ・煙草
 ・ライター
 ・携帯灰皿
特徴:年齢不詳
状態:混乱
URL: http://blog27.fc2.com/thanatosinmymind


こんな感じか。
うわ、微妙w

俺の他己紹介してくれた記事はこの記事にトラックバックお願いしますm(_ _)m
昨日書いた他己紹介のアウトライン。

・(相互)リンクしている、もしくはトラックバックしてもいいと許可が出た人に対してのみ
・相互同意の上で
・オフラインでの知り合いのみ
・書いたらマズそうなことは書かない


とりあえずここら辺が絶対条件。
で、こっからはやったほうがいいかな~的なこと。

・「他己紹介」のカテゴリを作っておく
・ついでに自分の紹介をしてもらった記事を受け取るための記事を書く
・暇があれば、自己紹介もしてみる
・誰かの他己紹介をしたら必ずトラックバック


こんな感じで。
自分のブログの自己紹介の欄に、他己紹介の記事へのリンクを貼ったりしてみれば使いやすいかも。

とりあえずテンプレ貼っておく。
コピペして使ってくれ。

~ノーマルテンプレ~

名前:
職業:
出身:
年齢(見た目。実年齢でも可):
趣味:
特技:
特徴:
口癖:
仲間内でのキャラ付け:
URL:


これを基本に。
下はちょっと遊んでみた。

~某RPG風テンプレ~

名前:
身分:
職業:
階級:
熟練度:(MAX8)
Lv:
特技(三つまで):
 ・
 ・
 ・
呪文(三つまで):
 ・
 ・
 ・
HP:
MP:
攻撃:
防御:
魔法攻撃:
魔法防御:
すばやさ:
装備:
 ・
 ・
 ・
 ・
所持品:
 ・
 ・
 ・
 ・
特徴:
状態:
URL:


ちなみにLvの値は0~99、HP~すばやさの値は0~999の間が本来だが、攻撃~すばやさは数が大きくなると分かりにくいので、十段階評価でも良い。
特技には普通に特技を
呪文にはその人の得意なことを書いてみよう



もう一つ。

~携帯風テンプレ~

機種名:
販売元:
キャリア:
サイズ:
重量:
スペック:
機能:
アドレス(URL):
販売価格:


機種名には名前(HN)を。
販売元には出身地を
キャリアにはその人のアイデンティティを(性別、所属など)
スペックには特徴などを書いてみて


これを使用したらば、出来たらコメントくれ。
苦情や改善点等も受け付けますw
どーでもいいことかもしれないが。
俺が所属している邦楽部で、定期演奏会のときに「裏パンフ」なるものを、毎年製作する。
もちろんパンフレットなので、演目の紹介とか邦楽部の紹介とかが載っているのだが。
その中に他己紹介なるものがある。
他己紹介とは何ぞや?というと。

自分で自分のことを紹介するのは自己紹介。
自分が他人のことを紹介するのが他己紹介。


ということw


毎年これが楽しみで、裏パンフはすぐになくなる(らしい)。
ちなみに、これは部員のみに配布される。

ここで提案。

ブ ロ グ で 他 己 紹 介 を や ら な い か ?

ちなみに自分のブログにリンク貼ってる人限定で、相互に了承を取ってからねw
あとはオフラインで知り合いの人に対してのみ
これ絶対条件ねw


いや、なんかmixiに似たような機能はあるんだがw
他の人からどう見られてるのかなあ、みたいなことが気になる人も多いはず。

とりあえずブロガーの皆さん。
賛否あったらトラバなりコメントなり残してくれ。
あ、もしもやってくれるような人がいたら、ちゃんとテンプレ作ろうと思うんで。
今週のFC2のトラックバックテーマが、クリスマスプレゼントに欲しいもの、というテーマだった。
素直に欲しいものを書こうかと思ったが、今年はもらえる当てがないので、あえて書かない。
実らない願いを書いても、無駄無駄無駄m(ry
つーか書くと寂しくなるし虚しくなるしw

ということで、クリスマスプレゼント、特に「サンタさん」からのプレゼントについて書いてみる。

実家では毎年、クリスマスプレゼントをもらっていた。
親が「クリスマスプレゼント」としてプレゼントを買ってくれて。
「サンタさん」から、朝起きるともうひとつプレゼントが置いてあるw
ということで、俺は毎年二つのプレゼントをもらっていたことになる。
無論「サンタ」=「親」ということなど、断じて知りませんよ?(大嘘)
つーか雰囲気的に、親に直接そういうことを言うのははばかられたんだよなあ……

一番心に残っている「サンタさん」からのプレゼントは、
中学一年のクリスマスにもらったバドミントンのラケットと。
発売した直後のメタルギアソリッド2。
前者は普通に思いっきり嬉しかったし。
後者は、クリスマスには既に俺が買っていたと言う話w

まあいろいろもらいました。
お父さんにもお母さんにも感謝していますw


そして去年の十二月半ばころの話。
俺と妹(当時は高1)と両親で一緒に食事をしているときのこと。
妹がいきなり言い放った

「今年もサンタさん来るかなあ?」


一瞬、妹を除く家族全員の時が止まったw
まだ信じていたとは……
いや、信じていなかったとしても。
そのことを普通に真顔で言うとはw

下手すれば妹は、サンタさんの存在を信じたまま大人になりますw



さて、今年のクリスマスは何をしようか……
というか、何かできるだろうか……(乾笑)
最近実に寒い。
今日は雪が降った。
今シーズンの初エンカウント。
それくらい寒い
いや、岩手の寒さに比べれば、滋賀の寒さなんて余裕だがw

今日はテニスの大会だった。
と言っても俺は木曜日の時点で敗退しているので、試合なし。
木曜日と金曜日の勝者16ペアによる本選日だった。
たびたび言っている通り、俺はテニス連合の役員。
大会で審判をしなければならないので、参加。

16ペアによる勝ち抜きトーナメント&三位決定戦もあるので……
合計16試合の審判をする計算になる。ちなみに主審、副審一人ずつの審判が必要なルール。
男子が主審、女子が副審ということになった。
大会会場に来ていた男子は、全部で十六人。

ということは……

すべての人間が一回ずつ入るということだ。

このことがわかった時点で嫌な予感がしていた。


その後……


見事に予感的中


じゃんけんをして勝った人から試合の審判をしていくことになった。
というのも、

全員が一回は審判に入らなければいけない
     ↓↓↓
何回戦の審判に入っても、一回で終わり
     ↓↓↓
決勝の審判はやりたくない
     ↓↓↓
だから最初のうちに入っておく


ということだ。
そんなわけで結果。

はい、もうオチはお分かりですよね?

見事にじゃんけんを負け続け……

決勝の審判をやることになりますた

やっぱりジャンケン弱いな、俺 orz

しかし任された以上は辞退するわけにも行かないので、審判をやる。

見事なタイミングで雪が降ってきましたけどねorz

テニスの審判は高い椅子に座らなければいけないので、やけに風が強い。
そのため、メチャクチャ寒い。
動きたくても動けない。
とにかく寒かった……
まあ決勝が6-1で終わってくれて助かった、というところw


大会が一時半ころには終わり、その後はコート開放で自由に打ってよかったため、四時ころまでテニスる。
初対面の人とダブルス組んだりしてみる。
普段打たない人と打ってみるのもいいもんだ。

その後サークルに参加。
つまり、テニスの連戦
しかし、頑張って行ったものの人はほとんどいなかった。
その数、12人ほどw
まあ雪が降ってた上、風が強かったし仕方ないと言えば仕方ない。
とにかく寒かったしね。
M先輩(女性)は、サークル中に七枚上着を着ていたらしいw

そんなわけでグダグダだったので、普段より三十分早く終了。
その後六人という少人数でアフター行って帰宅。
いやあ、実に疲れた一日だった。



あ、そういえば。
今日も授業を休みました。
リアルに後期は単位がヤバイです。
誰か僕に休息する時間と、学校に行く時間を下さい……
金曜日。
とにかく授業がキツイ日。
しかも今日は情報基礎数学の宿題がある日だったので、みんなしてヒーヒー言いながらやっていた。
そのためか、皆やけに眠そうだった
一、二、四、五限の日だったが。
二限まで出て、宿題を提出した後帰宅。
なぜかって言うと、テニスのサークルのためかな
今日は徒歩だったからだ。

二時頃に一旦家に帰宅し、一時間半ほど仮眠を取った後(なにしろ三時間しか寝てないので)、四時頃に家を出発。
いつもなら自転車で十五分ほどの距離を、一時間かけて歩く。
途中小雨が降ってきたので、サークル無くなるんじゃないかとヒヤヒヤしながら移動w
コートについたのは五時頃。
案の定、誰もいない。
そりゃ小雨が降ってて、今日のサークルは中止しないってメールが来るのが五時過ぎなら、誰も来てるはず無いなw
結局五時半頃になってようやく、二人目が到着。

最初こそ人数が少なかったが、六時頃にはほぼいつも通りの人数になった。
試合の後ということで、メチャクチャ気合入りまくりw

サークルが終わった後、アフターで松井記念館の話題で盛り上がる(何故だ?)
ちなみにアフターをやったサイゼリヤまでは、元会長の車で送ってもらったw
その後Yちゃんに声をかけられ、A君の家での飲み会に参加することに。

いろいろな人の、いろいろな話を聞く。
結果的に分かった事。
サークル内がやけにドロドロしている
正直、好ましくない状況だ。
しかしこればかりはどうしようもない。
俺が何とかしたくても、出来ないこともある。
まあ皆に頑張ってもらうしかないw

そして解散したのは五時前。
ちなみにこのときも歩いて帰宅(二十分ほど)。
MP3プレイヤーが壊れていることに気付き、凹む。
そして寝ましたとさw
ということでタイトル通り、テニスの大会だった。
ちなみに今日はミックス(男女混合)ダブルス
ペアを組んだのは、大学からテニスを始めた人。
正直な話、できれば経験者と組みたかったが……
うちのサークルの女の子は、経験者が一人しかいないので断念w

それでも、大会には出たかったし。
というか大会に出なくても、連合の役員だから大会運営には行かなきゃならなかったので
(大会に出ないと暇だな)
と思ったので、あんまり乗り気ではなかったPさんを無理に誘って参加。
正直、すまなかったと思っているm(_ _)m



今日は朝早かった。
テニス連合の役員は京都に八時集合なので、同じサークルのもう一人の連合役員Jさんと、Y会長(目的;見学)の三人で、最寄り駅に六時四十分頃集合だった。
起床は五時頃だったが、いろいろあって準備に手間取る。
集合時間に遅れそうだったので、駅の駐輪場ではなく近くのゲーセンの前に自転車を停める(ここ重要)
大会会場にはなんとか遅刻せず到着。

その後。
エントリー時間が八時三十分~四十五分だったのだが。
同じサークルの奴らが、エントリー時間五分前になっても来ない。
同じサークルの奴らが、エントリー時間始まっても来ない。
同じサークルの奴らが、エントリー締め切り五分前になっても来ない……
同じサークルの奴らが、エントリー締め切り二分前に(ry
結局、本当に滑り込みセーフという感じで皆到着。
マジでヒヤヒヤしました
あ、大会参加賞としてマグカップをもらった。
なぜかハートの絵が描いてあった。
これはミックスダブルスの大会だから……
わざとか?

で、ある程度本部で運営なんかしつつ、自分の試合になるのを待つ。
そして試合。
いつもより緊張感が全く無かった。
しかし、ミックスの試合というのは初体験だったので、どれくらい手を抜けばいいのか分からず。
いやね、女の子にパワーショットを打ち込むとかありえないでしょ?w
そんな感じで適当にやってたら……
あれ?
あれれれれ?
ショットがコート内に入らないぞ?
というわけで、俺の調子が全く最悪。
ペアの人には「俺がカバーしてやるって!」とか大口叩いていたのに……
結局、スコアは6-0のストレート負け……
またも悔いの残る試合だった。
まあ対戦相手がその日、ベスト8まで行った相手だったので、仕方ないといえば仕方ないが。

それにしても、一緒にペアを組んだPさんは本当に上手くなった。
最初の頃は、ショットがロクにコートに入らなかったのに
このごろは、(スピードは無くても)深い玉が打てるようになってきた。
高校は運動部ではなかったというのに、ここまで上手くなるとは思わなかった(多少見くびりすぎだったか?)
大会に出てくれて、本当に彼女には感謝している


その後適当に審判(敗者審判)をやったあと、サークルの皆で話したりする。
サークルの副会長(男)と、一回生の女の子のペアが大金星をあげて、多少驚く。
それでも昼頃には、同じサークルの人たちは全員敗退。
まあ仕方ないよね。次に期待。
ちなみに、大会運営に来てたはずのJさんは授業があるということで帰宅。一緒にY会長も帰宅。
そして大会に出た皆は、レンタカーで来たので全員で帰宅。
俺は大会運営があるので、一人だけ残る。
いや、別になんとも思ってないよ?
皆で一緒にボーリング行ったこととか、一緒に先輩のお見舞い行ったことは、別になんとも思っていないよ?

大会自体は四時頃に終了。
しかし五時半までコートを借りていたので、選手たちにコートを開放。
連合の役員の人たちと一緒にテニスる。
そして終了したのは六時頃。
その後、市バス→JR経由で帰路に着く
帰る途中でPさんから「大会誘ってくれてありがとう」的なメールが来る。
素直に嬉しかった。

そして最寄り駅に到着。
起こった悲劇。

チャリが無え!

つまりですね、朝置いた場所は本来置いてはいけない場所らしく、撤去されたらしいのですよ。
今日の朝はたまたま、そういうのを調べる日だったらしい。
……三千円が必要らしい。
…………痛い。

引取り所は火木土日の午後二時~七時までしか開いてないらしく、仕方なく土曜日に行くことにする。

とりあえず歩いて帰宅。
そして飯食って九時頃寝る。
が、十二時過ぎに起きる。
それから朝までずーっと情報基礎数学の宿題(金曜日に提出)をやる。

とにかく疲れたが、テニスをやる気になった一日だった。
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。