上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今しがた病院にいってきた。
どうやらインフルエンザであるらしい。
まあ熱が38℃周辺で続いてるならそれも当然か。
昔から病弱な体質であったため、これくらいの体温ならば別に平気。
むしろ普通に料理を作ったり、洗濯してたりする
しかし他人にインフルエンザをうつすとやばいので、四日間は人前に出るなと医者から言われた。

さて、あと四日、である。
今日は一月二十五日(水)。
となると、人前に出れるのは一月二十九日(日)。
そしてテストは二十八日まで。

……テスト受けれないじゃん。

というわけで、治ったら学校の教務センターに交渉しに行かなければならないようだ。


それと昨日、ぷちころ氏から差し入れをもらった。
煮物か鍋の具らしきものと、いちご。
申し訳ないと思いつつおいしくいただきました。
感謝感謝。
スポンサーサイト
ただいま体温39.5度。


どう見ても風邪です。本当にありがとうございました。


これからアルゴリズムのテスト&今日はレポート提出。
明日俺、生きてるかな……
テスト勉強にも飽きたので、ネットサーフィン。
途中で「100の質問」のページを見つけたので、やってみようかなと。
ちなみに今回は『意味の分からない100の質問』をやってみる。

結構イタい上にネタ的要素が強いので、軽い息抜き程度に見てくださいww

今日は十八歳と別れを告げた日ですw

というわけで誕生日だったんで19歳。
いや、法律上は昨日の時点で年をとっているわけだけど。
で、何をしていたかと言うと……

学校でプログラミング

教習所でバイクを運転

帰宅

えっ、これだけ?

なんだか誕生日っぽくないw

いや、別に誕生日を祝ってもらいたいわけではない。
むしろ一人で静かに過ごしたいのだが(←ヒネてる?)
ちなみに十八日になる瞬間は……何してたっけ、覚えてないw


去年の誕生日は何をしていたか……
ああそうだ。

センター試験の次の日だ

センターの自己採点が異様に良かったので、小躍りしていたのを覚えている(←記憶捏造)

専門学校に進路が決まった友達の家に遊びに行っていたな。
……なんだかそれもそれでロクな過ごし方ではないか。


んでまあ19歳の抱負としては

『大人になる』

という感じで。

この抱負を、いちご氏に送ったら「Gentleが子供なら私はどーなるんだ~」といった感じのメールが来る。
俺、そんなに子供っぽくないかな……?
ということでやってみました。

精神年齢鑑定

(↑クリックするとジャンプします)
んで、結果。


・あなたの精神年齢は33歳です

あなたの精神はそろそろ『中年』になろうかというところです。あまり若々しさは感じ取れなくなりましたが、人生経験を積んで、一人前の大人になりました。もう『若者』ではありません。


・実際の年齢との差15歳

あなたは実際の年齢より大人びています。同年代の人よりしっかりした性格の持ち主で、周りの人々に頼られてお兄さん(お姉さん)役を努めてしまうこともあるでしょう。そこがあなたのよいところです。


・幼稚度40%

あなたは小学校中学年並みの幼稚さを持っています。がんばって一人でなんでもできるようになりましょう。


・大人度75%

あなたはもう立派な大人です。十分に精神が発達していると思われます。


・ご老人度28%

あなたからは少し『おじいちゃんっ気』が感じられます。このままでは確実におじいちゃん色に染まってゆくでしょう。



はい、そういうわけですかw
まあ微妙に幼稚度が高いみたいだから、もっと大人(老人に非ず)になろう。
今日は朝に数学のテスト。

ということで、テスト期間突入中である

まあ今日のテストは、予想していたよりも遥かに簡単だったので楽勝だったが。
これからのテストが結構重い。
まああきらめてテスト勉強するほか無いだろうw

んで今日は数学のテストだけだったので、終了。

学校に少しだけ残ってプログラミング。
家でも頑張ってプログラミング。
飯を食ってからもプログラミング。
日がな一日プログr(ry

で、かなり飽きたので終了。
その後は少し寝て、久々にネットで色々調べ物(主に雑学だったりするが)
そこで未知との遭遇があったw

どっかのページからリンク先に飛んでいったとき、そのページが既に閉鎖していたりすると

「ファイルが見つかりません」

とか

「ページを表示できません」

とか

「存在しないサイトです」

とか表示されるはず。

ちなみにfc2ではこんな画面が表示される

んで、今日エンカウントした表示。

いやね、俺、こんな凄いの初めて見ました。
ちなみにリンク貼っとく。

ココ

覚悟はいいか?
何が起こるか分からないぞ?
何が起こっても俺を恨むなよ?w

さあ、覚悟ができたらLet's Go!!










どうだった?w

言論の自由って……w
検閲されたにしろ、よっぽどヤヴァいことを書いていたんでしょうw
いやはや……何をやらかしたのだか見当が付きませんw
FC2の今週のトラックバックテーマが「冬のテーマ曲」だったので、書いてみる。
前も音楽ネタだったが( ゚3゚)~♪キニシナイ!
つーかどうでもいい話だが、FC2のトラバテーマは『この記事にトラックバックする』で記事が書けるようにしたほうがいい。前は可能だったのになあ……

……で、思い返してみると、なぜか「冬」を主題にした歌で心に残ってるのって少ないな~とか思う俺。
「冬」を連想する曲は結構ある。
けど、明確に季節を示してるわけじゃない。
季節を絡めた曲で好きな曲のほとんどが、「春」に偏ってる気がする。
それこそ『春~Spring~』とか大好きだしw

何曲か「出そうで出ない」曲があるんだが……とりあえず冬の曲でというと。
GLAYの『Winter again』かなーと思う。
GLAYは曲によって好きだったり嫌いだったりするが、この曲は好き。
GLAYは昔の曲のほうが好きだ。
今気付いたんだが、「見慣れた街のあの白さをあなたにも見せたい」の歌詞は、実感できる状況に陥っている。
この曲をリアルタイムで聴いてた頃は、岩手からこんな滋賀くんだりまでくることなんて予想もしていなかったからなあ……。
あと「冬」と聞いて思い浮かぶものと言ったら……ラルクの『Winter fall』とかTMの『White breath』とか桑田の『白い恋人たち』くらいしか無い。

実は大昔に見つけたBMSの『Last Regret』(Noemist-KNS氏作成)が真っ先に浮かんでk(自主規制)

他の人たちはどうなんだろ?
ついさっきの話。
高校で三年のときに同じクラスだった友人から、メールが来た。
どうやら三月半ばにクラス会をやるとの事。
今のところ、出席は無理っぽいが(′・ω・`)
高校の友達か……

そういえば、センター試験受けてから早くも一年くらい経つんだな~とか思う。
もう一月も半ばか……。
やっぱり結構忘れていることもあるけれど。
それでも、鮮明に覚えていることも数多い。
なんか、懐かしいような、ついこのあいだのような。

んで、見事にこんな精神状態にぴったりな曲を、最近知ったばかりだったりする。
I've(怜奈)のIsolationという曲。
あ、終わったなとかいう目で見るな!(←ここで曲を理解した人への、せめてもの抵抗w)
歌詞が凄いズシンと来るものだった。


<引用>


いつも通ったこの道は変わらないけど
昨日に手を振ってふり返らず行こう

同じ話 何度繰り返しても
飽きもせずに時間さえ忘れていたね
心地よくて聞いていた笑い声
当たり前の日々が過ぎてた

いつか見開く希望の瞳
決めた道なら前だけ見つめて

誓いはここに残すから離れていても
挫けそうになる日は夜空を見上げて
不器用すぎた季節が僕らの誇り
それぞれの明日へとふり返らず行こう

好きなものが似てるって楽しかった
それがいつかしがらみになってくなんて
あの頃ただ馴れ合う時間だけが
かけがえない宝石だった

だけどこのままじゃ進めないこと
きっとお互いにわかり始めたから

何かを探しに行くなら留まらないで
傷つけ傷ついた日々はこの胸に
生き抜けると信じて歩いて行けば
再びこの場所で何度でも出逢える

誓いはここに残すから離れていても
喧嘩した言葉も僕らの勲章
束の間のさよならさ、淋しいけれど
明日を見つけたらふり返らず行こう


</引用>

かなり切ない……気がするのは俺だけか?
子供の時代と訣別をつけて、大人にならなきゃ、という歌詞だと思う。
なんか夢に向かうとか、そういうことを改めて考えさせられる。


最近、自分の夢が分からなくなってきていたりする。
周りには、自分の夢のために精一杯頑張っている人が多い。
それならば、俺は?
頑張っているつもりだったけど、なんか結局ほとんど何もやっていない気がする。
……これから頑張ろうと、改めて思った。
読んだのはひたすら昔のことだが、一応心に残った作品だったので感想なりなんなり、つらつらと。

夏目漱石、『こころ』

一応この作品の一部、ごく一部だけ、高校のときにやった記憶がある。
なんか現代文のテストに出された記憶がある
「精神的に向上心のないものは馬鹿だ」なんてセリフが、ひそかに学校で流行ってた。なんて言えないw
まあそういうわけで、少しだけ読んだことはあった。
それでもやっぱり、全部読むと全く別の物語であったりするわけで。

とにかく、余りにも有名な作品。
多分、漱石の作品の中では初期三大作品(たしか『吾輩は猫である』『三四郎』『坊ちゃん』だったと記憶している)の次に有名なのではないだろうか?
簡単にストーリーを説明すると……
主人公(大学生)が、たまたま海で知り合った「先生」(帝大出身の無職男。「先生」は、主人公が勝手に呼んでいるあだ名)と人生について語ったり、「先生」自身の事を知ろうとしていく、という物語。
第一部では「先生」と主人公の出会い~親しくなっていく過程を。
第二部では親が危篤状態のため、大学を卒業して実家に帰った主人公の心の動きを。
第三部では「先生」が主人公に向けて書いた手紙を。
それぞれ、書き連ねている。

まあとりあえず、素直に感じたこと。
とにかく、色々と考えさせる作品だった。
一部、二部、三部とも全く別の事をテーマに書かれている気がした。

一部はとにかく、人間の生きるべき姿だとかいったことの話題が多かった気がする。
熱く生きようとする主人公と、のぼせず生きろと言う先生。
どちらの意見も正しそうに見えて、どちらも間違っているようにも見える。
一時の感情に任せて熱く生きるべきか、そんなものは完全に閉ざして冷めて生きるべきか。
最近分からなくなっていることだったりするだけに、深く考えさせられたり。


二部は将来に対する、主人公の不安。
これはちょうど今の俺と同じような状況かもしれない。
あの当時と今とを比較すれば、たぶんあの頃の大学卒業後の精神状態ってのが、今の大学在学中の精神状態とほとんど同じなのだと思う。
仕事のあても無く、親父が死にかけだというから近くにいる。
それでもこれからの自分はどうすればいいのか分からない。
……なんかリアルに、数年後の俺を見てるような気がして嫌だったりする


それでも、一部と二部は三部に対するプロローグと言ってもいいかもしれない。
この作品のメインは三部だ。

三部は「先生」から主人公への手紙という形式で書かれているため、当然「先生」が語り部になっている。
書かれているのは、「先生」が大学生のころの、恋愛と罪、そしてその後の罰への恐怖。
とにかく、様々な話題が出てくる。
特に恋愛に関する物が多い気がする。
胸に響いたことも多い。
少し引用すると……

『始終接触して親しくなりすぎた男女の間には、恋に必要な刺激の起こる清新な感じが失われてしまうように考えています。香をかぎうるのは、香をたきだした瞬間に限るごとく、酒を味わうのは、酒を飲み始めた刹那にあるごとく、恋の衝動にもこういうきわどい一点が、時間の上に存在しているとしか思われないのです。一度平気でそこを通り抜けたら、慣れればなれるほど、親しみが増すだけで、恋の神経はだんだん麻痺してくるだけです』

『もし愛という不可思議なものに両端があって、その高い端には神聖な感じが働いて、低い端には性欲が動いているとすれば、私の愛は確かにその高い極点をつらまえたものです』

前者は結構前に、似たことを実体験しているようなものなので実感があるし。
後者は、結構俺の考えと似ていたりする。

最終的に「先生」は、同じ人を好きになった友人を半ば裏切って好きな人を獲得する。
それでもその友人が自殺してしまったことで、罪の意識にさいなまれる、というものだ。

罪悪感と求罰感は、往々にして自己満足・自己完結なものだと思う。
他人が赦そうと、自分が赦してくれない。
そして人間は、それを騙し騙し忘却しながら、あるいは少しずつ自分なりに罪を償いながら、日々を生きている。
それでも。
余りに罪が重すぎたり、性格がまじめだったりすると、こんな結末も迎えてしまうらしい。
それなら……俺はどうなのだろうか?
自己満足な償いを行うのか、忘却するのか、それとも……壊れるのか?
分からない。


とにかく、いろんなことを考えさせられた本だった。
思えば色々あった。
今日はいい転換点だったのかもしれない。
だからこそ俺は今日、一つの誓いを立てた。
いついかなるときも、熱くならず。
いついかなるときも、冷めすぎず。
世界を過大評価せず。
世界を過小評価せず。
他人を評価せず。
他人を見下さず。
自分を評価せず。
自分を見下さず。
常にギアはニュートラルに。
どこにもいれず、流されよう。
そうすれば、いつ裏切られてもいい。
人を信じることなどほとんど意味は無いと。
人に信用されることなどほとんど意味は無いと。

今までの俺が馬鹿らしくなった。
俺の事が必要になったことなど、本当は無かったのかもしれない。
とにかく、俺は感情に流されないように生きよう。
感情のまま生きても、ロクなことは無い。
感情の起伏など、生きていくうえで邪魔なだけだ。
だからいついかなるときでも、平静を保とう。
何が起こっても動じない、鋼鉄の心を作ろう。
喜怒哀楽など捨て去ってしまおう。

どんな状況でも、逃げないように。
その状況に陥らないように精一杯傍観していよう。
無戦であれば無敗は守れる。


そんなことを、今日俺は誓った。

とまあ、今日考えた小説のキャラ設定の話ですがwww
あ、もしかして君。

釣られたのかね?www

いや、たまにはこんなおふざけネタもいいかな、と思ってwww
今日は朝から教習所に行ってきた。
昨日書いたとおり、修了試験だった
仮免許取れるかどうか見極める奴ね。

朝九時から教習所行って、一時間ほど「修了検定を受けるに当たっての諸注意」診たいなのを聞かされる。
まあ普通にいつも言われていることを繰り返し話すだけだったので、話半分に聞いておく。
んで、その後実際にコースを走った。
運よく、最初の方(二番目)で運転できることになったので、無駄に長い待ち時間とかは無かった。

まあ一応修了検定ということだったが、ほとんど緊張というものは無かった。
いつもと違って後ろにも人が乗っているけど(゚ 3゚)キニシナイ!
んで、まあいつもどおりやってったワケですよ。

発車前にミラー確認して。
エンジンかけるときもちゃんとギアとかサイドブレーキとか確認して。
ウインカー出してコースにスムーズに入って。
ギアチェンジもスムーズにやって。
L字もS字も難なくこなして。
左右確認もちゃんとして。
途中飛び出してきた車があったけど冷静に対処して。(←今日の俺的MVP/w)
坂道発進もいつもどおり普通に発進して。

最後に、発着点(スタート&ゴール地点。段差の小さい歩道のようになっている)に駐車させるんだが。
「一番前の発着点に車を停めてください」と教官が言ったので、言われたとおりに一番前の発着点に車を進める。
ここで「もうちょっと左寄せたほうがいいかな」とか思った。

コレが死亡原因

前から二番目の発着点に乗り上げたよorz

んで、急いでブレーキかけたもののちょっと遅れてしまい、時既に遅し。
車道以外を走った場合、すぐに止まらないと試験自体が中止
ということで問答無用で試験中止になった
ゴールまであと2mちょい。
無念の戦死であるw

その後車から降り教官から、良かった点・悪かった点を聞くんだが。
教官:「最後のあれさえなければ、満点だったのに……」
どうやら教官の話では、減点無しで走る人は本当に少ないらしい。
そのため、久々に満点者が出たと思って内心喜んだらしい。
……が、最後の最後で試験中止。

いやあ……満点がゼロ点になる例は初めて遭遇したw
そんなわけで教官が悔しがっていた。
俺よりも悔しがっていた気がするw


何だこの結果は。
ただのネタではないか(゚Д゚ !!)

ということで日曜にもう一回受けてまいります。
ダルいな……まあ仕方ないだろう。
今度こそリベンジ!!ww



……本当に一月中に取れるか怪しくなってきた(ボソッ)
FC2のトラックバックテーマが、「今年の抱負」というものだったので、遅ればせながら抱負……というか目標を述べてみる。
三つくらいでいいよね?(何聞)

1、欝にならない

まあ重要なことでしょうw
これまでも欝になったことはほとんど無い……気がするが。
なんかそろそろ『病んでくる年頃』らしいので(O先輩談)
とりあえず難しいことを難しく考えすぎずにすごす。


2、小説を読む

コレ結構微妙か?
今の時点でもまあ読書量は少なくは無いと思うが(月に文庫本6~8冊程度)
それでもまだまだ「多い」といえる範囲までは行かないと思う。
佐藤友哉いわく「一作の小説を書くのだとしたら、少なくとも五十作の小説を読まなければいけない」らしい。
となると、まだまだ俺は修行不足。
せめて月に10冊くらいまで読めるようにしたい。
今年は頑張ろう。


3、本気を出す

またも、他の人から見たらば謎な抱負かもしれない。
いや、でも俺的に一番今年、やりたいこと。
なんか今までの生活を振り返ってみて、「追い詰められてる」状況はあったけど、「本気でやっている」状況は無かった気がする。
かなり前から、全てのことに本気で取り組むということをしなくなった気がする。
だからこそ、俺は本気で何かをやり遂げたい。
小説とか勉強とかサークルとか恋とか、とにかく色々。
まあ体調を壊さない程度に、だけどw



とまあこんな感じ。
さて、この中のいくつの事柄を達成できるのか……w
とりあえず、教えてもらったことを書いておく。

ギルティギアに興味のない人は見ないでください。

多分引きますよ?w


01.09 (Mon) 01:24 [ GG ] CM0. TB0. TOP▲
今日は朝からオフ会だった
といってもいかがわしいものではなく。
GGXX/のオフ会。

いやね、地元ではかなり知り合いいたから良かったんだが、滋賀の知り合いでギルティやってる奴はいないんですよ(苦笑)
加えて初心者だから、近くのゲーセン行っても上級者に乱入されて終了。
練習もクソもあったもんじゃないっすw
だからある程度の強さで気軽に対戦できる相手を求めてオフ会参加。

そんなわけで十時から三時半あたりまで円町で対戦してました。

その後帰ってきて、五時から教習所。
なんとか一段階の見極めがついたんで、そろそろ仮免突入
ヤマカシさんは「路上に出てからだるいよ~」と言っていたが、
邦楽部の友達は「路上出ると楽しいよ~」と言っていた。
で、本当のところどっちだ?
一月中に卒業を目指す
……大丈夫かな、まあ頑張ろう

その後家に帰ると、色々と配達されてくる。
今日だけで宅配便が三つ
なんか一日で、部屋が荷物だらけになってしまった……
まあ明日部屋の整理しようw




このページ見てるたいていの人はオフ会のレポ見ても分からないと思うので、オフのレポは分割しておく。

くれぐれも興味のない方は見ないようにw

ということで今日は滋賀に帰ってきた。(こういう場合は「帰ってきた」という表現が微妙な気もするが……皆はなんて表現しているんだろうか?)

昨日の十一時半頃に盛岡を出て、バスで仙台へ。
仙台到着が一時半頃。
そして仙台-京都間のバスの出発が午後七時半。
つまり……

六時間を一人で過ごさなければならない

orz

いや、雪が結構ひどかったからバスが遅れるなとかバスが止まるなとか思ってたのが、全て順調に行ってしまったからなんですよorz

ということでとった行動。
11:30~12:10……飯食いに行く。とりあえず腹ごしらえは大事。
12:20~12:40……駅構内の本屋を見る。どうも読みたい本が無かったのでスルー。
12:40~12:50……駅近くの映画館に行くものの、見たい映画が無かったのでスルー。
12:50~13:30……ひたすら仙台駅周辺をぶらぶらする。途中で交通事故現場に遭遇。あせる。
13:30~16:00……駅近くのゲーセンでひたすら時間を潰す。GGXX/とQMA3がメイン。あとはシューティングを。
16:00~17:00……ゲーセンを出て、近くの電器屋に入る。様々見る。
17:00~18:30……ゲーセンに戻る。偶然にも高校時代の友達と会い、焦る(彼は浪人生のはずなのに、なぜゲーセンにいるんだ?)。
18:30~19:00……夕飯を食う。
19:00~19:20……バス発着点に向かい、バスが着たら乗車。
その後はバスの中で実家から持ってきた本読んでました(村上春樹、『アフターダーク』)。
んで時間になったら寝る。
バスの中の寝心地はやはり良くはない……

次の朝起きたのは朝六時前。
順調に行けばそろそろ着いているはずなのだが……
ここで車掌からの放送。

「みなさんおはようございます。現在雪の影響で、多少遅れが出ております。なにとぞご了承ください」

マジかよorz
仕方ないので読書開始w

んで。
六時半になってもまだ到着しない。
七時になってもまだ到着しない。
七時半になってもまだ到着しない。

……一限から授業(しかもテスト)だったのだが。
どうやら俺は単位をあきらめなければいけないらしいw
そんなフレーズが頭をよぎったw

何とか八時に京都に着く。
その後急いで下宿先の最寄り駅行きの電車に乗る。

人がごった返す中で、大きなボストンバックをぶら下げている俺……
テラハズカシスw

んで、最寄り駅に着いたのが八時半前。
その後タクシー使って家へ(ずいぶんいいご身分だな/何)。
家到着が八時半頃。
んでシャワー浴びて即行で大学へ。
授業に2、3分遅れたが、何とかテストは受けれた。
まあ……結果オーライ

その後はまあ適当に授業受けたりサボったりして終了。久々に一人暮らしのアパートだ~
ということで寝足りなかったので寝ましたw
一月四日ということで、世間一般では仕事始め。
ということで正月の行動を振り返ってみる

二日
昼から家族四人で、母方の祖父の家(車で20分ほどの場所)に御年始の挨拶に行く。
祖父・祖母共に元気そうで何より。
長生きしてほしいものだ……

久々に二人の叔父とも会う。
ちなみに兄(30代半ば)は東京のデザイン会社の社長で、弟(30代初め)が福島の美術系の大学の講師。
なんかこう書くと凄い肩書きの兄弟だなw
ということで起業の方法とか聞いたりしてみる。
大学講師の暇さとか改めて聞いてみる。
いやいや、普通に有意義な時間だった、いろんな意味で。

夕方六時頃にお暇し、帰路に着く。
そして妹の一言。

「ゲーセン行きたい」

家族でゲーセン行きたいと言うとは……
本 当 に 貴 様 は 女 子 高 生 か ?
まあ小さい頃からちょくちょくゲーセン行っていたんだが。
いまだに『家族と』行きたいと言うとは……
まあ安西先生風に言えば
     /  ;;;;;;;; ;;; ;; ;;;; ;;;;;; ;;;;;/            `"""""ヽ
     ///彡彡/ ===≡≡|     ニニ三≡ニ____|
     |/ 彡彡//,,  三三≡'      ̄ ̄ ̄ ̄==≡≡≡ヘ
    .|彡彡彡;;;;;;//彡/      r=≡≡≡≡=┐  i´ ̄ヽ,   
    |彡彡彡彡彡彡/______ッ=|.,――ヽ、 ))'__k' ̄ ̄ヽ、    ま
    ||/ ̄今====≡≡==、   | (__(ヒ),)  )| ̄ ̄|【〔ヒノ )|'  し   
    |ノ/'"") ヽ;;;;;;/      \  ヽ --''""r-,/    ヾ""| ノ,|     る
    | フ フヽ ;;;;;;;|        ヽ--、`―---C;'     \_.ノ  て   
   〈 / /;;;;;/彡;;|       l          |      /` |,      で
    |;,|,  '';;,, ;;;;|       し      /´└"""ノ"'ト、  |   い
    |;;ゞ、,,,;;;;;" 彡|  、          //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;|  |       成
    |;;;;;;;ヾ"""ヽ    \         ((((((""""""""))) /   な
   ,|;; ;;;;;;;;\,,,,,,,' l     \             ヾ;;;;;   /       長
   /|;;;;;;''''''""""   |       \              Y  /     い
  /  \""      ヽ      |               V'
_/       \      \    \             |      :
|'       \      \    \           ノ
|ト        \          、          /ヽ        !!!
ミヽ         \ \,,       \,,,,       /   \
ミミ|           \ \        ""'''''''''' '''´/      \、
ミミ;|           \ \;;;;,,,,,       ,,,''"/       \'丶

ということか。

とにかく、家族四人でメダルゲーム。

俺以外のメダルが増えること増えることw
結局千円で二時間くらい遊んだ

その後帰宅して外食して就寝。


三日
親戚が年始の挨拶に来る。
何気に親戚の多い家なので、夕方までに五家族が家に来る。
なぜか琴を二回ほど弾かなければいけないハメになったりしたw

夕方から、父方の伯母の家に挨拶に行く。
年始の挨拶が一応表向きの用件ではあったが。
去年結婚した従兄弟(俺より十歳年上)にお祝いを言いたい、というのもあった。
彼とは久しく会ってなかったもので。
あ、お祝いに花を持っていきました。
鉢植えみたいなのを二つ、花かごにしてもらって。
自腹で買いました。
いやあ……花って結構高いねw

従兄弟がやけに太っていたので、多少愕然。
奥さんが結婚式のスピーチで
「最初に会ったときはもっとスリムだったので、だまされた気持ちで一杯です」
と笑いながら言っているビデオを見せてもらったw
ちなみに奥さんは綺麗な人でした(何)

結局一時間ほど滞在した後、帰宅。
その後、親と飲みに出る。
なんかここ連日飲んでいる気がする。

四日(今日)
両親とも仕事が始まり、妹も朝から夕方まで部活。
ということで家に一人。
何も予定が無かったので、暇なときのM上頼みw
というわけでM上に電話。
俺:「今日暇か?」
M上:「ああ、無理」
このやり取りで、一日引きこもることが確定w
いや、明日は滋賀に戻るので部屋の掃除とか部屋の掃除とか部屋のs(ry
ということで部屋の掃除をして時間を浪費有効活用。
適当につけていたMTVから流れていた曲が気に入ったので、昼過ぎからCDショップ巡り。

徒 歩 で

いや、この時期の盛岡でチャリ使うと死ねますよ、リアルにw
バスの便が特別いいというわけでもないし……

んで、家の周りのCDショップを四軒ほど回ってみたが、お目当てのCDは見つからず('・ω・`)
ちなみに探していたのはITTのTil' Infinityという曲。

誰か知っている人、連絡ください……w

その後帰宅して滋賀に帰る準備をして適当にダラダラ過ごして今に至る。
ブログを更新中。
まあどうせアップは今日じゃないだろうけど……
最近、リアルタイム更新が出来なくなってきている俺。
ネタはあるんだがなあ……
今年はブログ、多少頑張らねば。
新年一発目。
というわけで……

今年も当ブログをよろしくお願いしますw

しかし、年が明けたという実感がないのはなぜだろうか?

朝(というか昼前)に起きたら、友人たちから例年通り年賀メールが来ている。
で、返さねばならんだろうと思って急ぎメール作成。
戌年なので、ぞぬをメールに書いてみる。
まあ基本でしょうw

その後父が神輿を担ぎに行くというので、街中まで行きながらついでに初売りも見てくる。
俺は今年は八千円分、衣服の福袋買って終わり。
まああんまり買いすぎても、滋賀に持ってくのがきつくなるし。

んで新年はほとんどなにもすることがなかったので、家にいた。
ゲームも無いので、小説をずっとタイピングしていたw
なんか結局、去年は一本しか書き上げられなかったし。
今年はもっとがんばらないと……
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。