上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝から用事があるのだが、やたら早く目覚めてしまって暇なので、2chdのデッキを晒してみる

[Mist Lock]
// Lands 20
17 [MR] 島/Island (2)
3 [MR] 隠れ石/Stalking Stones

// Creatures 2
2 [4E] マハモティ・ジン/Mahamoti Djinn

// Spells 41
4 [JU] 淀みの霧/Mist of Stagnation
3 [OD] 入念な研究/Careful Study
4 [FD] 血清の幻視/Serum Visions
2 [JU] 惰性の網/Web of Inertia
4 [MR] ひっかき爪/Scrabbling Claws
4 [JU] 忘却の掌握/Grip of Amnesia
4 [OD] 中略/Syncopate
4 [OD] 予報/Predict
4 [4E] 対抗呪文/Counterspell
3 [TO] 綿密な分析/Deep Analysis
2 [4E] ネビニラルの円盤/Nevinyrral's Disk
3 [FD] ヴィダルケンの枷Vedalken Shackles

// Sideboard 15
SB: 2 [JU] 惰性の網/Web of Inertia
SB: 2 [4E] ネビニラルの円盤/Nevinyrral's Disk
SB: 1 [FD] ヴィダルケンの枷/Vedalken Shackles
SB: 4 [4E] 青霊破/Blue Elemental Blast
SB: 3 [4E] 支配魔法/Control Magic
SB: 3 [OD] 方向転換/Divert


基本的な動きはゼロックス型の青コン
が、パーミというわけではなく、コンセプト自体はステイシスに近い
コンボ型のロックかな


動きとしては、<淀みの霧>+<ひっかき爪>をいち早く揃えること

淀みの霧
ひっかき爪

とりあえずなによりも必要なのは、淀みの霧。
これ貼って相手よりも墓地を肥やして、相手の墓地なくしていけばおk、というところ。
ヤバゲなスペルはカウンターで。


だけどこれだけではビートにどうやっても勝てないので、プロパ系が欲しい。
そこでコンセプトにも合った、ナイスなカード<惰性の網>
惰性の網

相手の墓地を一枚削らないとアタックさせない
無論、相手の墓地が無ければアタックされない
霧が無くても、網と爪で勝ってしまうこともある
まさにこのデッキには抜群の相性


で、フィニッシャーですが
ゼロックス型である以上、ステイシスのようにライブラリーアウトは狙いにくい。
ということで、素直に大型生物で殴る必要がある。
というわけで、ジン。
だがどちらかというとジンは補助。
真打は<ヴィダルケンの枷>

ヴィダルケンの枷

いやー、やっぱこれは強い。
大型をパクるには若干遅いが、実質的には何度でも使える支配魔法だもんなー



コントロールとは言っているものの、カウンター枚数はそこまで多くない。
確定カウンターはカンスペ4のみ、不確定カウンターに中略4という布陣。
忘却の掌握はカウンターというより、墓地除去用が主な用途。
もっとも、霧が貼れてしまえば当然相手が打てるスペルの数も減るので、ここぞという時だけを狙って打てば、そこまでガス欠にはならない。
それでも当然場に出るものもあるので、一応ディスクを2枚。
霧や網、爪も一緒に吹き飛んでしまうが、相手より早くリカバリすればおk、という考え。
どーせゼロックスだし、なんとか引けるだろ、というww


ゼロックスのパーツは、コントロール系としてはそんなにお目にかからないものが多いかも。
幻視4はいいとして、予報4、研究3、分析3は特殊。
ここらへんは霧との相性を考慮。
予報は2枚、研究は3枚も墓地を肥やすことが出来るため採用。
コントロールではあるけど、青緑スレッショで使われるドロースペルだなー
分析はほぼ趣味。
ささいなシナジーだが、予報+幻視も一応装備w



このデッキが得意な相手は、いわずもがな墓地活用やスレッショ
何せメインから忘却の掌握が4、爪が3、網が2、さらにsbから網が2枚追加できる。
1Tに爪を張られたときのスレッショの絶望感は無いだろうww
あとは中速ビートにもいい勝負。ロック決まれば、殴ることはおろか、土地すら起きなくなるからな


逆に苦手なデッキはスライ。
スライは普通に墓地が肥えていく上に、土地が1、2枚立てばなんとかなるので。
あとはパーミも相当苦手。なにせキーカードが5マナのエンチャントなのだ。
そういうときの為にsbにはBEBと方向転換。
方向転換は趣味だが、一応カウンター合戦になったら有用……かもしれない。


このデッキの元ネタは、ジャッジメント発売直後くらいに出たぎゃざ。
当時はサイカやスレッショがメインメタだったので、それに対抗できるものとして載っていた。
もっとも、載ってたのは墓地除去を掌握にたよっていたけど。
MRを選ぶことで、爪によって恒久的に墓地を取り除くことができるようになり、ついでに枷も装備できる。
<ファイレクシアの炉>を有するMIとも迷ったけど、MIの青はロクな物が少ないので、MRにしたww



本当はもう一つくらいデッキを紹介したかったが、時間なのでこの辺で。
スポンサーサイト
11.22 (Sat) 07:59 [ MTG ] CM1. TB0. TOP▲
精神的なおかしさとブログ更新頻度はほぼ正比例する
うん、これでほとんど間違いない


前回は最後に色々書きました
少しだけ消化


>・単行本フラグ
>・クビフラグ

はい、仕事の話です。
相反する事象のように見えて、似たようなことで。
とりあえず「長編書いてみないか?」という話が。
実は今まで、自分の作品がとある雑誌に5回くらい載りました。
いずれも原稿用紙換算で100枚以下
いわゆる短編。
で、原稿料とかも頂いていたのだけど、長編の話が出て。
つまり、雑誌に載せるものとは別ってことですね、俺とか言ってまだまだ駆け出しだし。
色々と考えることが出来ますね。

「お前もううちでの仕事はいいから、長編書いて賞に応募しろよ」
とか
「単行本化してやるから早く書けよ」
とか

圧倒的に前者のような気がしてならない

現在少し数えてみたところ、プロットの貯蔵量は200前後。
長編に使えそうなのは50ちょい。
で、ある程度構想が出来上がっている、という段階まで作っているのは3つほど。
とりあえずは書いてみますかねえ



他のフラグ消化
>・コスプレフラグ
>・コミケ売り子フラグ

これも上と同じように、連動したフラグ

12/27に邦楽部の方で毎年開催してるコンサートがある。
それが「なんでもおk」な風潮で、仮装はあたりまえの世界。
去年も一昨年も色々やったが、さすがにネタ切れ。
いや、ネタはあるけど、どうにも実現不可能かなあ……という。

で、大学の友人かつコスプレイヤーである鈴玖(ん、HN出していいのか?いいか)に相談

俺「~というわけで、なんかいい衣装無いか?」
鈴「んー、新しいのだよね?」
俺「まあなんでもおk、とりあえずマイナーすぎないので」
鈴「そうねー……」
おもむろにバッグからメジャーを取り出す鈴玖
ちょwwwwメジャー常備かよwwwww
で、色々とサイズを測られる
鈴「普通に男物のLサイズってところね」
俺「おk」

というわけで、衣装確保。
上の流れから分かるように、とあるコスプレです。
しかし、とんでもないマイナーというオチ。
知ってる奴いるのかなー……



ついでなんで、鈴玖について。
二年前、冬コミでコスプレをしたのは数人に喋ったのだけど、その元凶は間違いなくコイツ
今でも覚えている、Xデー
鈴「あんた、年末暇?」
俺「あー、実家には帰るけど、まあ一応。何か?」
鈴「おk、んじゃあ東京に行こう」
俺「( ゚д゚ )ハァ?」
鈴「どうせいいじゃん、帰るんでしょ?」
俺「まあそれはそうだけどさ……」
鈴「それなら帰りながらついでに東京に行くってことで」
そんなわけで、ホイホイ付いていってしまったのだ
で、いきなり聖地。
よりによって二日目。
よりによってカイコス。
俺「(゚д゚ )」
俺「(  ゚д゚)」
俺「( ゚д゚ )」
俺「…………」
俺「しまった こうめいの わなだ!」

俺「orz」


いいよね、ここでくらい恨み言吐いても
いいよね、なんか周りの 腐女子 良く知らない女性の方々にいろんな写真取られて苦痛だったから

とまあそんな感じで。


今年、さっき書いたその衣装の代わりに、
冬コミ(二日目)でコスプレして売り子することを条件に出されました

が、なんとかこれは回避できそうな予感。
というのも、27日がそういうわけでコンサートで、その後多分オールで打ち上げ。
で、その反動で多分28日は死亡。
となると、実家に帰る(近畿圏を出られる)のは29日か、どう頑張っても28の夜。

そして今年の冬コミは28~30日。
となると今のところフラグが立ってる二日目=29日。
さすがにサークルブースの売り子となると、29日の朝から行かなければいけない。

だが、京都を出発できるのは上記の通り。
となると、二日目の朝にビッグサイトはほぼ不可能。
というわけで
       ⊂ ⊂ヽ、  /)/)
          c、   `っ(  ヽ
        (   v)c、  `っ 
          V''V  (   v)  / ̄`⊃
               V''V   |  ⊃     
                   (   v)  ハ,,ハ 
                     V''V  ( ゚ω゚ )
                         ⊂   ⊃
                           >   )
                          (/(/ 
      
                                    ハ ,,ハ
                                   ( ゚ω゚ )  お断りします
                                  /    \
                                ((⊂  )   ノ\.つ))
                                   (_⌒ヽ
                                    ヽ ヘ }
                                ε≡Ξ ノノ `J


おk、これでいこう




とりあえず近況はこんな感じで。
コスプレ写真は本番終わったらうpする……かもしれない

スクイズフラグについては今回は勘弁な!
というわけで、前々回にニコニコ紹介フラグをたてておおきながら、結局紹介してなかった
ので、今回こそ。

では一発目、声優ネタ

らき☆すたの2クール目ED製作秘話、とでも言うべきなのかな?
白石稔=芸人声優でおk
ってかこれはひどいwww



次、ゲームプレイ動画。

civ4プレイ動画という、結構マニアックな動画。
というわけで、civ4やったこと無い人には分かりません……
といいたいところだが、やったこと無くてもなんとなく、このゲームが分かると思う。
とりあえず、全21回中、4回まで見続けられたら勝ち組
そっから見るのがやめられなくなるはずだ


ゲームプレイ動画2

ポケモンは実はシステム的に廃人ゲーだとは知っていたものの、ここまで廃人化できるとは思ってなかった。
消防の俺には、レベル3のプクリンがカスミをヌッコロスなんて想像できなかったんだ……



ゲーム動画。決して「プレイ動画」ではないw

厨房の頃ハマったなー
ここまで天才的なシアターは作れなかったがww



音楽系だが、一つ。

いい声&コーラスの無駄遣い
あるいは名曲の無駄遣い
こんな国家イヤだww
今勇者は52歳



では最後、真面目に

松岡修造って酷いMADとかしか造られてないんだが、実は相当凄いヤツ
1:05からの現役当時の試合は一見は価値あり
「松岡修造は大変な(ry」とかしか見たこと無い奴は、修造への見方が変わるはずだ




最近、色んなフラグが立ちすぎててヤバい
いや、ちゃんとした恋愛フラグ的なものもあるみたいですが
それ以外のものが多すぎてワロタ
・コスプレフラグ
・コミケ売り子フラグ
・被殺害フラグ
・ってかスクイズフラグ
・単行本フラグ
・クビフラグ
・病死フラグ

いや、最後のはここ一年くらいずっとだけどさww
とりあえず、自殺フラグは無いのでご安心を
チートなキャラは数多くいるが、チートな3次元生物はそんなにいない


俺が今まで思っていたチート生物
ゲーマーだと、「これはヴェノムではなくN男というキャラです」とかいうN男とか、同じようなコイチとかいるけど。
やっぱ格ゲーの神はこの人でしょう

ウメハラ
伝説を挙げると
・全米チャンピオン相手に「負ける要素はない」と言いつつ鳳翼扇全段ブロッキング
・家庭用大会優勝者に「よくがんばりましたね」と労いつつ勝利
・小足見てから昇竜拳余裕でした
・大会前の野試合で50連勝しつつ「これ強Kが利きませんけど」

ここらが有名ですね


で、他のチート生物

ミスケン
・12連鎖5個消しは当たり前、15連鎖8個消しも
・初手全消しを頻発
・生涯成績では公式戦全勝
・観客のぷよラーのヤジに流暢な日本語で反論しながら鶴亀連鎖
・ミスケンがばたんきゅ~したらコンパイル倒産

※ぷよらーじゃないと分からないかもしれない


ゲーマーだとここらへんでしょうか。


歴史上の人物ではシモヘイヘとかもいるんですが、これは有名どころ。
リアルゴルゴ13って感じで。



でもね、最近、俺の世界の小ささを知りました


アンサイクロペディアっていうサイトがあるんですよ


ウィキペディアみたいな感じだけど、書かれていることは半分以上がジョーク(誇大表現)やネタ
もちろん、ガチな話もあるんだけど


そんなサイトの中で、(多分)唯一困惑なページがあるんです。
そのページ、ある歴史上の人間のことがかいてあるんです


とりあえず、見てみてください
http://ja.uncyclopedia.info/wiki/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%92%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%AB
おすすめの音楽(fromニコニコ)でも
しばらく書いてなかったので、色々。


まずは聖剣伝説2より、思い出の曲を。
聖剣2は相当良い曲が多いんだけど、その中でも俺的ダントツNo1、ラスダン出現後のフラミーのテーマです。
確か初めて聞いたのは小3くらいだったと記憶しているんだけど、SFCでこんな音楽が作れるのか、と衝撃を受けた記憶がある。
多分、初めてゲームの音楽に感動した体験だと思う。こっから先、ゲームの曲にも耳を傾けるようになった。





で、ニコニコで漁ってたらこんなのも出てきた。



前奏からAメロへと流れる部分で鳥肌。
Aメロ→Bメロと流れた後、A'メロに流れるところで再度鳥肌。
このアレンジは本当に神だと思う



では次、ボーカルもの

I'veには珍しく、ゲームとは全く関係ない、diRTY GiFT収録曲。
今まで、I've曲の中ではCross Talk(無印)が一番、次点でLythrumだと思っていたが、これ、いい勝負。
サビへの盛り上がり方がすごい。オンボーカルで鳥肌立ったの久々。
あと、歌詞。足りなすぎず、与えすぎず。
こういう、全体が分かってようやく詩の意味が分かるような歌詞が好き。
まあここに関しては詩に限らず、小説とかゲームもですが。




ボーカルもの2
レンタルマギカOPの「宇宙に咲く」



レンタルマギカ自体はラノベの存在だけを知ってて、読んだことないです。
ましてやアニメの存在なんて知りませんでした。そこそこにオタではあるけどアニメは疎いっすよ、テレビ無いし。
この曲を知ったのは、本当に偶然。とある声優もののラジオ番組をニコニコで聴いてたときに、レンタルマギカのCMのバックで流れていた。
英語版もあるけど、こっちの方が好き。


では恒例、東方ネタ。てか石鹸屋。
石鹸屋、「after」


この歌は東方やってないと分かりません。
他の曲は結構説明しやすいんだけど(「鬼の曲なんだよ!」とか「発明好きの河童の歌だよ!」とか)、これを本当に説明することはキツイ。
いや、色々解釈はあるんだろうけど。
これは動画見て、各々感じてくれた方がいいかもわからんね



こんな感じで、最近グッときたものをつらつらと挙げた。
見返してみると何と言うか……多重音的なものが多いよね、と思う。
Cross Talkとか、結構シンプルなパート構成だったのに。着メロだと4和音でも再現できそうなのに。
今回の中では唯一Afterがシンプルなバンド構成だけど、これは逆に最後、少なくなっていくのとかがいいんだよなあ……
邦楽だとそういう、多くの音が重なり合うというような曲が少ない反動かなあ


では、今回はここまで、次回はニコニコ動画音楽以外編(予定)
このあいだようやく、MBAAに手をつけた
ちなみに、事前知識全く無し。三つのスタイルの違いすら、やりながら覚えてたww
というわけで、初プレイの感想でもつらつらと、脈絡なく。
wikiすら見てないので、前作との変更点とか良く分かりません。
なもんで、ツッコミどころが多々あると思います。
AAプレイした人はコメントでツッコんでくれれば幸い。



初回はFネロで。
前作の持ちキャラだしね
ゆとり仕様とか言われているのを、どんなもんか見てみたかったのもあるしww

とりあえず、全部変わってて吹いた

通常技について。
変わってなかった地上技って、カマキリと2Bだけかな?
2Bの相殺が無くなってる気がするんだが、どうなんだろう。
中~近距離ではよく5Bを振ってたんだけど、それが完全に対空
代わりに、対空の要だった2Cが横押し用になっているという。
とりあえずここの馴れからかねえ
A攻撃に関しては、モーション変わったりヒット数変わったりしてるけど、そんなに変わらないんで前回と同じ感覚で振ってみる
あとは6Cとか3Cで何か出たような記憶も。
でもそんなに強い印象無いから、基本を覚えてからアクセントで振るかんじかなあ
投げ範囲が若干狭まった気がする。前はよく分からんくらい吸っていたが、前回と同じ感覚で振ってるとスカってた。


空中戦について
ジャンプ攻撃はほとんど変わってなかった
……と思ったんだけど、どうやら技振って着地した時の硬直が長くなった気がする
JBorJCをガードされた時にJAでリバースかけておけば地上ガードが間にあったのに、今回間に合わなかった
バッタゲーの解決策としては悪くないかな。
つまり、俺の戦略も相当見直す必要があるということでw


必殺技について。
AカラスとCカラスは全く変わりなかったけど、Bカラスが使いやすいっぽい。前のは若干クセあったからな。
鹿がゲロになってた。前は壁際での固めの時、JB>2B>A鹿で暴れつぶししてたんだけど、それができなくて若干微妙。いや、BゲロもCゲロも強かったけどさ。Aゲロは一瞬前に行って後ろ行くみたいだから、中距離でAゲロ>バクステ>動物園とかやればいいのかなあ
蛇もほとんど変わらず。A蛇がHIT時にホールドじゃなくて、B蛇と同じく浮かしになってた。個人的にはこっちのが好み。ホールドもホールドで、2k~3k&ダウン確定だったから悪くなかったけど。
爪がなんかハエ?になってたwどう使えばいいかはこれから研究


コンボについて
AC時代は基本的に~>2B>2C>JCループだったから、地上部分は変わってなくて安心。
ただ、対空5B>2Cが高さ的にきついっぽい。5Bの変更の関係上、相手のジャンプ移行フレームに5Bヒット>JB>JCループってのもできなさそうだしな。
とりあえず、画面中央のリターンが減ったかな?
JC(4hit)>空ダができなかったので。
でも相手が中央よりちょっとでも端に近ければ、2C>JC(4段)>着地>HJCで間にあうっぽい。
自分が端背負ったりしてると無理だけど、フルの攻撃力の高さと相まって、コンボダメ自体はそんなに落ちてない印象。
あと、心なしかJCループを空投げで〆やすくなった気がする

とりあえずこんなところかね。
対戦でHとCでも一応やったけど、とりあえずCが前作とほぼ同じ、Hが(システム的に)やたら防御力が高いってことは分かった。


あ、それと。
初心者練習中と表示していたけど、3ステくらいで乱入された。さっちんに。ハーフだったかな?クレだったかな?
で、まあなんとか勝ったんですが。
さっちん、火力上がった?
今回もアームループあるのかなーとか思ってたら、そこに至るまでに色々入ってたww
ノーゲージで普通に5kオーバー持ってかれたんだが。
体力がフルで10kじゃなくなった?ってくらいに減って吹いた。
相変わらず起き攻めが脅威的。
あと、連繋で下段の暴れ潰しが加わったようで、凄く動きづらかった。ここらはわからん殺しなのかもしれんけど。
ただ相変わらず切り返しが強いというわけではないのか、適当に固めてたら事故ってくれた。
やっぱアロハ式の崩しやすさは異常。着地硬直増えたから結構反撃されるけど。


とりあえず、そういうような相手に1クレ目の俺が3-1で勝つあたり、今回のネロはまさしくゆとり仕様かもしれんね
コメレス
>SHO
うん、なんかもう、ありがとう
多分お前は、今でも交流のある友人の中では一番くらいに長い付き合いだから、まあこんなことも考えているのですよ、なんていうのは恥ずいぜww

>Theun
うお、いつ振りだよ。つか見ていたという事実に驚きw 別に見られて困るものでも無いですが
あー、まあ多分想像の通りです。と言っても、多分お前が思ってるほど事態は深刻じゃないけど。
が、別方向でまた色々問題が……とだけ言っておこうか。
一ついえるのは、あのメンバーの中で、間違いなく俺は爆弾抱えた一人でしたよーということww



というわけで、前回の結果。
本人に直接謝りました。いや、直接って言ってもメールだけど。
結果だけ簡単に言うと、俺だけのせいではない、とのこと。
色んな事態が色々とあって、そこで俺のメールもあった、というような。

まあ俺が主原因ではないにしろ、一旦を担うくらいの役割はしていたわけで。
やっぱり後悔、かな。



そんなこんなで、前回に引き続きダウナー方向で行きたいと思いますww
いや、別に思考自体がどんどんドツボにはまっているわけではないんだけどね。
ただ、最近色々と考えなきゃならないことも出てきたので、ついでに考えておこうと。

自分自身から見て、そんなに落ち込む方ではないと思ってる。
と言うかむしろ、ポジティブすぎる時の方が多いと思っている。
口癖が「それでいんじゃね?」、基本安定行動が「ま、どうにかなる」というような感じなんで、普段はそんなに深く考え込まないかと。
悩み事とかあっても、たいていの事はゲームしてれば忘れるしなwww

でもまあ考えるべき時もあるわけです。
なんか記事として残しておかないと、またゲームして忘れそうなんで残しておきますwww




前回は人との付き合い方、ってのを色々考えた。
で、まああんな酷い思考に何故陥ったか。
きっとそれには、自分の過去というものが多分に影響しているわけで。
そしてその影響の中でも、いわゆる「地雷」的なものもあるわけで。


大昔に書いた、Friendという記事
これは今までの人生の人付き合いという行為の中で、いわゆる「光」とでも形容すべきもの。
気の会う友人、消えない絆。
そんなものであって、少なくとも今の自分を支えているといっても過言ではないかもしれない。


だけど往々にして、光があれば闇があるわけで。
このブログを知ってる人の中の、さらに一部の人には教えたことがあるのだけど、色々と昔あった。
mixiの方に書いた、統合失調だとか自立神経失調だとかいうのは、そこらへんに根底がある。
いわゆる俺の中の「地雷」だな。
そのことについてポジティブに考えるのは可能でも、目を背けることは出来ない。
そしてそのことに目を向けたが最後、ポジティブに考えるにはどうやればいいか、分からない。
そんな結果、頭がぐちゃぐちゃして……入院沙汰にまでなった。


前回の日記で考えるようなことは、そこらへんにルートがあるのだと思う。
過去のその件に関しても、今回のように「人のテリトリーを大幅に侵害する」とでも言うべき接し方が問題を起こしたと考えられるわけで。
まあ過去の事については、色々と他の要因も考えられるんだけどさ。


今回は「踏み込んだ」ことに対して、こちらが思っている以上に拒絶された。
過去の話は「踏み込んだ」ことに対して、こちらが思っている以上に許容された。
そんな捉え方ができるのだと思う。

なんつーか、学んでいないなーとしか思えないわ。


ちなみに、俺がこんな接し方をするようになったのには、とある人間の影響が色濃く残っているといえる。
今の人格形成に大きく影響を成している人間を挙げると、親父様とか10歳年上の従兄といった親族や、SHOとかの小学校~中学時代の友人たちの存在は大きい。
でも、ずっと前に書いた日記の中で、SHOやDeepの影響が大きいと書いたけど。
もしかしたら、彼の存在というのが一番大きいのかもしれない
彼は、三年と少し前に鬼籍に入った。
それでもいまだに、俺は彼の影響下にあるわけで。
ここらへんが、きっと俺が正直に向き合わなければいけないことなのだと思う。



きっと彼の模倣でしかないのかもしれない。
きっと彼ならこんな時……なんていう考え方を、無意識のうちにしていたのかもしれない。
でも、故人にいつまでも縛られていても仕方が無い、かな。
俺は彼と違って「続いている」のだし、生が続く以上は変化せざるを得ない。停止するわけにはいかない。


前回の日記の結論である、他人と距離を取って接するっていうのは、やはり愚答にしか思えない。
だから、もう少しだけ、時間というものを考えて人と付き合うべきなのだと思う。



話が少し変わるんだけど、FF8のスコールとラグナの対比みたいだと少し思った。
スコールの考え方は、きっと前回の日記の考え方に似ていて。
で、ラグナの考え方は、きっと今は亡き「彼」の考え方に似ていて。
FF8プレイしてた時、スコール(DISC2くらいまで)の考え方って、凄くバカだなあとか思った記憶がある。
いや、最後の方のはっちゃけっぷりも、別の方面でバカだと思うがww
でも、危うくそのバカだと感じた考え方になりかけていた。



難しいね、人との距離感。
でもほんの少しだけ、気をつけるようにしようと思う。
忙しかったりなんだりで、結局ブログ更新滞ってた



久々に真面目な話。

最近、色々とぐちゃぐちゃしてます。
主に頭の中が。


とある人と連日メールしてました。
1回生の時からずっと同じ部活だったのに、最近になって(つまり知り合って3年半くらい経って)ようやくマトモに話せるようになった人です。
こっちは特に接点も何も無かったから、何となく距離を置いていて。
多分あっちは、僕に対して相当な距離感を抱いていて。
だからこそ、僕とその人の間には、形容しがたいほどの溝があったのでしょう。


でもつい最近、とあることがキッカケで、その人と普通に話せるようになりました。
本当に些細なことですが、結果として僕とその人の間にある溝は、幾分か小さく、浅いものになったのだと思います。
僕にとって見れば、とても幸運なことでありました。


でも、きっとその人はその事態を別に喜ばしく思っているわけではなかったのかもしれません。
少なくともその人は、僕と接すること、あるいは僕がその人に接する態度に関しては、良い感情を抱いていないのでしょう。


改めて、距離感というものの大事さを感じました。
そして、自分の中にある距離感というものの踏み出し方について、後悔もしました。


自分で思うに、僕は相当人見知りで。
でも、一旦仲が良くなれば、距離感とか考えずにズケズケと相手の領域に踏み込んでいって。
もちろんそういうのに対して何も思わない人もいるんだろうけど、皆が皆、そういう感覚ではなくて。
きっと他人から見れば、僕は相当礼儀の無い人間に見えて。
僕の発言は、相当思慮が浅いものに見えて。


自分が言った何気ない一言は、時に相手を深く傷つける。
そんな当たり前のことすら、分かっていなかったのだと思います。



連日メールしていた人は、ブログを書いています。
メールだけやり取りしていたなら、そんなことに気づかなかったでしょう。
でも、ブログの記事の内容から色々とその人が苦しんでいるみたいで。
そして、僕自身に原因があると思い当たる節が多すぎて。



正直に言います。
僕はきっとその人の事が好きなんだと思います。
恋愛感情かどうかは置いておいて、少なくともその人に対して、友人程度かそれ以上の感情は持ち合わせているのだと思います。


普段は恥ずかしくていえませんが。
本当は、僕の好きな人全てが幸せであることを願っています。
それは恋愛感情を抱く対象に限らず、些細なことで知り合った友人や、古くからの親友、遠い親戚、そして家族にまで及びます。
もしもなんでも願いが叶うのだとしたら、僕の好きな全ての人に幸福が降り注ぐことを望みます。
格好付けだとか、そういう風に見られるかもしれませんが、別にそういうわけではなく。
僕は皆に幸せが降り注げばいい、と本気で思っているのです。



だからこそ、感じることは。
「悔」の一言です。
僕の無神経さ、あるいは無遠慮さがゆえに、僕は一人の人を追い詰めてしまいました。
苦しめてしまいました。
自分勝手な行動で、一人の人を蹂躙してしまったのです。


僕に一体何ができるでしょうか。
罰を求めても、そしてもしもそれが与えられても。
それはただの自己満足に過ぎない気がします。
きっと、僕が出来る償いというのは、罰を受けることではなく。
その人の事を癒してあげることなのかもしれません。




そしてきっと僕ができる、その人に対する「癒し」とは。
その人と関わらない、という一点なのでしょう。


つくづく、僕の人付き合いの下手さを感じました。
僕が無意識に放つ言葉は、人を傷つけることしかできないのかもしれない、本気でそう思います。
たとえその場にいる人を傷つけていないとしても。
どこか遠いところで、僕の言葉は自分が好きな誰かを傷つけているのでしょう。



好意を寄せていても、その人を傷つけることしか出来ない。
しかし僕は、好きな人が幸福になることを願う。
その二つの事象からかんがみるに。
僕はきっと、好きな人に接しないで、溝をある程度開いたまま付き合っていくのが正しい姿なのかもしれません。
11.06 (Thu) 03:13 [ 身辺話 ] CM2. TB0. TOP▲
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。