上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメレス
>無頼人
ま、なんでこうなったのかとかは置いておこう
こういう事に関しては結果がすべて、素直に感謝しよう



というわけで、歳とりました
実年齢が一つだけ、見た目に近づきました

妹から、「年齢不詳」と言われました。
しかし俺の妹は年齢詐欺と言って差し支えが無い
俺とは逆の方向性でw


今年はどういう年になるか、正直予想もつかない。
とりあえず21歳がいろいろありすぎて、でも色々と転換点で
少なくとも悪い方向には行ってないのだと思う


今年は頑張ります。
幸い、まだ前厄でもないしw





最近、昔の曲を整理していて見つけたもの。
そういやゴイステってこんな曲あったなー、歌ったなーという。
一部の人にはニヤニヤされるだろうが、貼り付けてみる
いや、普通に名曲だと思うんだけどね。
ゴイステは下品な曲もあるが、凄くプリミティブな感情を描いた良い曲が多いと思う。
こんな曲を歌えるようになるのはいつの話なのだろうか……

スポンサーサイト
そういや2009年明けてました。
今年もGentleと、くだらない事を書きつづているこのブログをよろしく。



ここ最近、いろんな奴とガチで話す機会がやたら多かった。
これからのこととか、今までのこと、今の自分の考え。
とにかく真剣に、いろんな奴と話した。

色々な話題があったから、全部書くのはやめておくけど。
思うのは、そういう話をすることのできる人間が自分の周りにいて、とても幸運だということ。
文章を書く仕事を(過去形だけど)していた身として、言葉の空虚さは身にしみて分かっているけど、それでも言葉にして話すことや話されることはとても重要なことだと思う。
そして他人がそれを自分に話してくれて、いろんな考えを知れて面白いと思うし、嬉しいと思う。


人間的に少しずつ、成長できているのではないかなとか思う。
昔の話に清算をつけて、ようやく素直にそういうことを考える余裕ができたというべきなのかもしれない。
もっとも、成長できてるって考えも自惚れだとも思うけどね。
でもやっぱり、マイナス方向に考える機会は以前より相当減ったわけで。


信頼できる仲間というのはとても大切。
たとえこの先この人たちと道を違えても、そういう仲間を持てた経験は忘れることはないと思う。
もしもその人たちに裏切られたとしても、俺はたぶん許せるのだろうと思う。
全ての人を信頼できるほどバカでもなければ人間ができているわけではないから、余計にそう思う。
一方的な考えではあるけど、本当に信頼できる人たちがいて、その人たちが自分を受け入れてくれている。
それはとても幸せなことで、幸運なことなのだろう。


親父様がいつも言っているセリフで「俺は基本的に何事も、ラッキーだと思って生きてきた」というものがある。
その考え、最初はほとんど意味が理解できなかったけど。
今ならばなんとなく、その言葉の意味が分かってきたような気がする。
どんなに頑張っても仲間に恵まれるというのは時の運。
それが恵まれている俺は、もしかしたらものすごくラッキーなのかもしれない。


そんな縁を幸運と思いつつ、友人たちに感謝してます。
……なんかの宗教的なセリフになってしまったが、そんなのではないのであしからずw
道を違え血を違え
この宵闇へとたどり着く
それは遥かな道しるべ
遠い夜空に託す願い


君を描いて手を伸ばす
この星空はまだ遠く
我が手に触れる物はない
黒い夜空に写す想い


遥々過ぎた時を思う
この星々のそれぞれに
詰まった記憶を呼び覚ます
冷たい夜空に投げる過去


時々我は思い出す
この人生はまだ長く
君との逢瀬はまだ未来
儚い夜空に想う君


君が遠くで叫んでも
我の耳には届かない
たとえ我が叫んでも
君のもとには届かない


思えば我は君が持つ
定めに縛られ生きてきた
たとえ君が許そうとも
我の未来は変わらない


鬼籍に入りし我が友よ
君の続きは引き継ごう
我のすべてをもってして
君の無念を請け負おう



我が友よ
我が友よ
静かに君が眠らん事を
01.09 (Fri) 01:51 [ 詩 ] CM1. TB0. TOP▲
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。